金沢でフィロソフィカル・ファッション展 第1弾はファイナルホーム

写真拡大

 金沢21世紀美術館の「フィロソフィカル・ファッション展」第一弾として、ファッションデザイナー津村耕佑によるプロジェクト「FINAL HOME(ファイナルホーム)」の展覧会が開催される。デザインギャラリーを会場に、期間は1月12日からから6月30日までの約半年間。「究極の家は服である」という考えを具体化した都市型サバイバルウェア「FINAL HOME」の活動を通じて、「衣服」や「ファッション」の役割について取り上げる。

フィロソフィカル・ファッション展開催の画像を拡大

 「フィロソフィカル・ファッション展」は、衣服の意味を問い直し、一貫したコンセプトでファッションを提案し続けるクリエイターを金沢21世紀美術館が紹介するシリーズ。第一弾の「FINAL HOME」は津村耕佑によって1994年にスタートしたプロジェクトで、「家をなくしてしまったとき、人を最後にプロテクトするのは服になる」というコンセプトのナイロンコートを展開している。ファッションデザイナーとしてファッションと社会や環境との関係性を考察し続けてきた津村耕佑は、「このインスタレーションを通じて、人間と衣服、都市と自然について改めて考える機会になれば幸いです」とメッセージを発表している。

 「FINAL HOME」は、津村耕佑が武蔵野美術大学の学生とともに行ってきたプチプチを使用したプロジェクトを公開する書籍「AIR RELATION」を発表。データ本は無料、紙本はモノクロ版が1,302円(税込)、フルカラーが3,140円(税込)で販売を開始している。

■フィロソフィカル・ファッション1:FINAL HOME
 日時:2013年1月12日(土)〜6月30日(日)
 会場:金沢21世紀美術館 デザインギャラリー
 開場時間:10:00―18:00(金・土曜日は20:00まで)
 休場日:月曜日(ただし、1月14日、2月11日、4月29日、5月6日は開場)、1月15日、2月12日、5月7日
 主催:金沢21世紀美術館[公益財団法人金沢芸術創造財団]
 協力:A-net Inc. FINAL HOME、川上産業株式会社 プチプチ文化研究所、株式会社 竹尾
 ※入場無料

■AIR RELATION
 http://bccks.jp/bcck/106918/