【男性編】沖縄特有の気になる食べ物ランキング
2大メジャー料理が第1位!





特徴的なメニューがズラリと並ぶ沖縄料理。ネーミングも独特で想像がつかないものが多いです。最近は全国的に沖縄料理店が点在し、沖縄に行かなくても沖縄料理を味わえるようになりました。ご当地アンテナショップでは沖縄食材が手軽に手に入りますし、旅行のお土産にもらう機会もあるでしょう。今回は442名のマイナビ会員の男性に沖縄特有の気になる食べ物をアンケートで聞いてみました。どんなところが気になるのか、その理由にも注目ですよ。







Q. 沖縄特有の気になる食べ物(複数回答)

1位 ゴーヤチャンプルー 13.3%

1位 ソーキそば 13.3%

3位 ラフテー(豚三枚肉の角煮) 9.0%

4位 海ぶどう 8.5%

5位 ミミガー(豚耳) 7.1%







■ゴーヤチャンプルー

・「沖縄に旅行に行ったとき、ゴーヤーチャンプルーがおいしかったため」(24歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ゴーヤはおいしいだけでなく栄養も豊富なので気になります」(25歳/情報・IT/技術職)

・「苦いだけではないのか気になる」(29歳/情報・IT/技術職)





■ソーキそば

・「沖縄に行った時ソーキそばを食べたがあっさりしていておいしかったから」(32歳/情報・IT/営業職)

・「修学旅行で沖縄に行ったとき、ソーキそばがおいしくて滞在中だけで3回も食べた」(25歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「ソーキそばは人生で初めて食したのが沖縄のものだったが、素朴な味で、大変おいしかった。東京にはよく沖縄料理店があるが、そのときの味を忘れたくなく、行っても一度も食べていない」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)





■ラフテー(豚三枚肉の角煮)

・「沖縄以外の場所でいつも食べて、沖縄に行ったときに今まで食べたことがない。今度旅行に行ったらぜひ食べたい」(33歳/情報・IT/技術職)

・「普通の角煮との違いが気になるから」(26歳/情報・IT/技術職)

・「こってりして泡盛によく合う」(34歳/学校・教育関連/技術職)





■海ぶどう

・「しょっぱくておいしい。冷蔵庫に入れると死んでしまうのが悲しい」(53歳/情報・IT/技術職)

・「ふしぎな見た目と触感がたまらない」(25歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「すしのネタでよく見るけど、いまだ食べたことがなくちょっと気になっているから」(22歳/建設・土木/技術職)





■ミミガー(豚耳)

・「最初は部位を聞いて無理だったが、食べたらおいしかった」(31歳/機械・精密機器/技術職)

・「なぜこれを食べるのか?と思うくらい不思議なものだから」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「豚料理はどれもおいしそうだけど、一番気になるのはこれなので」(33歳/その他)





■番外編:気になるものほど好きになる

・豆腐よう「豆腐ようは最初驚いたが、お酒にすごくあうのがわかった」(42歳/その他/秘書・アシスタント職)

・島らっきょう「特にしまらっきょうの独特な臭みが癖になって、お酒のつまみとしては欠かせないものだから」(31歳/学校・教育関連/専門職)

・黒糖「黒糖はあまりの甘さに吐いたことがあるから、もう一度挑戦したい」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)





総評



1位はなんと「ゴーヤチャンプルー」「ソーキそば」が同点でした。ほとんどの方がこの2つをセットで投票していました。それほどこの2つはメジャーで、沖縄料理には欠かせない存在と言えます。独特の苦味がクセになる「ゴーヤチャンプルー」と、素朴な味わいの「ソーキそば」は、どちらも沖縄で食べたらおいしかったという意見が多かったです。沖縄旅行の際は、ぜひ本場の味を確かめてみてください。





3位の「ラフテー(豚三枚肉の角煮)」は、角煮好きの票を集めました。普通の角煮とどう違うのか、気になりますね。こってりした味付けがお酒に合いそうです。





4位の「海ぶどう」はぷちぷちとした食感と見た目がたまらない、気になる、という意見が圧倒的でした。気温の変化に弱く、冷蔵庫に入れると粒がしぼんでしまうので、常温保存で早めに食べましょう!





5位の「ミミガー(豚耳)」は、味よりも見た目が気になるという方が多く、怖いもの見たさをくすぐってのランクイン。沖縄では豚を使った料理が多く、皮から血まで一頭まるごと余すことなく使います。





独特の味わいやにおいに特徴のある沖縄料理。最初はダメだったけどクセになったという意見もいくつか見られました。気後れせずチャレンジする価値アリですよ。





(文・OFFICE-SANGA 関和麻子)



調査時期:2012年12月14日〜2012年12月19日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性442名

調査方法:インターネットログイン式アンケート