ナック(9788) 2012年10月1日〜12月28日・日足

写真拡大

 新年あけましておめでとうございます! 2013年もザイ・オンラインならびに「原宿投資研究所」をよろしくお引き立てください!

 2012年末、日本株は急上昇! 大納会の12月28日には一時、1万400円を突破する場面もありました。結果的にわずかに1万400円には届かなかった(1万395円)ものの、年足では3年ぶりに陽線形成となり、今後に期待が持てそうです。久々に日本株が面白くなっています。1月4日の大発会が待ち遠しい方、多いのではないでしょうか?

 そこで、原宿投資研究所」が新春特別企画を用意しました! 研究員の皆さんならびにザイ・オンラインに株式情報を提供してくれている投資情報サービス会社・フィスコのアナリストが「2013年最初に買うべき株」を教えてくれます。新春の書初めならぬ株初めのご参考になさってみては?

通期業績の上方修正が高い!
ナック(9788)

研究員:藤根靖晃さん

株価(12/28終値):2060円 予想PER:9.2倍 PBR:1.68倍 配当利回り:2.91%

<藤根さんの過去記事>

●「Goo」のプロトコーポレーション(4298)がIT事業を積極展開で中期的な成長軌道に乗る!

●雑貨製造のトランザクション(7818)が業績好調。カスタムメイド製品が2桁増収 市場拡大期待も!

●良品計画(7453)が海外出店を大幅に拡大! 安定成長が見込め長期保有銘柄の資格が十分

<藤根さんのナック推奨理由>

 ナック(9788)は以前にもご紹介しました(第29回「宅配水や住宅建設は今後も需要が拡大。ナック(9788)は知られざる割安成長株!」)が、今が絶好の買いタイミングかと思い、再度ご紹介します。

 同社はダスキンのレンタル事業のほか、戸建て住宅の建設、宅配水などを一般消費者向け事業として展開し、工務店むけに建設コンサルティング事業も行っています。

 13年3月期第2四半期業績は住宅事業が好調で同部門は計画より、4億円程度営業利益が上回りました。クリクラ事業(ボトルウオーター)は前年同期比微増に留まりましたが、代理店向け機材販売が大きく伸びた反動であり、この状況は上期で解消された模様です。

 通期計画は住宅展示場の前倒し出店を理由に据え置かれましたが、上方修正の可能性は高いと考えます。割安感は依然として顕著。住宅事業の売上利益は下期に集中するので、第3四半期や通期の業績を見ながら株価が動く可能性が高く、今が絶好のタイミングとみています。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)