2013年の日本、儲けるチャンスはどこにあるか。コモディティーインテリジェンス代表の近藤雅世氏は「プラチナ」を挙げる。以下、近藤氏の解説だ。

 * * *
 IMFが2012年10月に公表した各国のGDP予測を見ると、2013年にマイナス成長となりそうなのはイタリア、ギリシャ、ポルトガル、スペインの4か国だけ。ヨーロッパでは金融、財政の統合に向けて着々と準備が進められており、金融危機不安は薄れると思われます。
 
 アメリカも、リーマンショックから4年が経ち、住宅建設業界が立ち直りつつあります。一時は国有化されたGMなどの自動車業界も再建され、2007年以来の販売増を達成。したがって、2013年の世界の景気は緩やかな回復基調だと予測します。
 
 経済活動が活発化すれば、過去5年間で世界の中央銀行がばらまいた大量の紙幣が市中で活動を始めるはずです。それは貨幣価値を引き下げ、物価上昇をもたらします。インフレになれば現金は価値を下げるので、行き場を失った資金は商品(コモディティー)投資に向かう。今のうちから、コモディティーを買っておくことは賢明な選択でしょう。
 
 なかでも2013年は値上がりしそうなのは何か。ズバリ、プラチナが買いでしょう。
 
 供給量の78%は南アフリカで生産され、資源が偏在している金属です。その南アフリカでは電力需給が逼迫しており、2013年初頭には危機的状況を迎えると予想されている。そのため、プラチナ生産が激減する可能性が高まっています。
 
 供給低迷の一方で、需要は拡大の一途です。その要因は、今や世界で一番需要が多い中国にあります。
 
 中国では8割以上が宝飾用需要です。なかでも、近年はブライダル用需要が高まっている。中国国民は結婚の際に、以前は金の指輪を交換していたが、プラチナの純白さが受けて、今はプラチナ指輪の交換が主流になっているといいます。
 
 同様にインドでも増えつつあり、需給の関係から価格の上昇余地は金などに比べて大きいと考えられるのです。現在、1トロイオンス=1650ドル程度のプラチナ価格は、2013年中に1700ドルを超えて1800ドルに近づくと予測しています。

※週刊ポスト2013年1月1・11日号