熱かんがグっとおいしくなる! 北海道のおいしい珍味たち!



とにかく食べ物がおいしい北海道。これからの季節は特に魚介類がおいしいシーズンです! さて、北海道にはそんなおいしい魚介類を使った珍味がたくさんあります。熱かんのさかなにピッタリの、おいしい北海道の珍味を紹介します。







●エゾバフンウニの塩漬け

日本の三大珍味の一つであるウニですが、北海道でとれるエゾバフンウニは最高のおいしさです。生も最高ですが、塩漬けにした粒うにもまた絶品。お酒のさかなにピッタリです。ご飯のお供に食べるのもまた格別です。



●かんかい

コマイというタラ科の魚を干したもので、炙(あぶ)ってから身をむしりマヨネーズなどに付けて食べます。12月から2月の寒い時期が旬で酒のさかなにピッタリです。独特の癖のある風味が特徴で酒飲みにはたまりません。



●タチカマ

スケトウダラのタチ(白子)を使って作るカマボコです。白子を丁寧に裏ごししてデンプンを加えて練り、ゆでて作ります。普通のカマボコよりもプルプルとした弾力で中はモチモチ。北海道の冬の名物珍味です。



●鮭とば

鮭を細切りにして乾燥させた北海道の珍味です。かなり硬く、見た目は木片のような感じです。ビーフジャーキーのように細かく裂いて食べたり、炙(あぶ)って食べたりします。秋鮭で作る北海道の冬の名物の1つです。



●めふん

鮭の雄の腎臓を使って作る塩辛です。ドロっとした黒っぽい見た目から敬遠する人も多いでしょう。味もほかの魚介類の塩辛よりも癖が強いので、好き嫌いがはっきりと分かれます。しかしお酒には最高に合うのでまだ試したことがない人は一度チャレンジしてみてください。



●イカの沖漬

北海道の冬の名物といえば、やはりこの「イカの沖漬け」でしょう。新鮮なイカの切り身や1匹丸ごとをしょうゆに漬けたもので、酒のさかなとしては非常に有名です。北海道では凍らせて食べることもあります。



●カラストンビ

タコやイカなどの口の周辺の部分を干したもので、カラスなどのクチバシに形が似ていることからこの名前が付けられました。やや硬めの歯ごたえでよくかまないといけません。まさに酒のさかなって感じの1品です。



●タラバガニの内子の塩漬け

名前の通り、タラバガニの内子(卵巣内の成熟していない卵)を塩漬けにしたもので、色は黒っぽくトロリとしています。のりのつくだ煮に近い見た目ですね。味はやや甘めで、濃厚なコクがあります。ご飯のお供としても最高ですよ!





以上、これからの季節、最高においしくなる北海道の魚介類を使った珍味たちでした。中にはお取り寄せできる珍味もあるので、気になった商品があればぜひお試しアレ!



(貫井康徳@dcp)