古今の偉人たちは、人生という“持ち時間”を存分に使い倒す。我々にも等しく配られているこの貴重な資源、活かす術は、彼らの言葉の中にある。

■カルロス・ゴーン(日産自動車会長兼CEO)

経営における迅速さと
いうものは、実をいうと、
決定の迅速さではなく
行動の迅速さ。
大切なのは、
問題を発見してから、
その問題が実質的に解決
されるまでの速さなのです。

■林野 宏(クレディセゾン社長)

人生で最も大事なのは、
「短い」と
感じられる
時間を
どれだけ
多く
持てるか
だと思っています。

■孫武(中国・春秋時代の兵法家、『孫子』著者)

兵は拙速を聞く
も、未だ巧の久しきを
睹(み)ざるなり。兵は勝つを
貴び、久しきを貴ばず。

大意・戦いはスピードが第一。長時間、器用に戦って勝った例はない。

■K・V・クラウゼヴィッツ(旧プロイセン(現ドイツ)・軍人、『戦争論』著者)

勝者には、
勝敗の決定が
迅速であれば
あるほど
都合がいいし、
敗者には、持続時間が
どんなに長くても
長すぎるということはない。

■原田泳幸(マクドナルド・ホールディングス会長兼社長兼CEO)

ある部署が「人が
足りません」と
言ってきたら、
4人を8人に
増やすのでは
なく、逆に4人を
2人にした
ほうがいい。(中略)
人数が倍になれば、
無駄な会議が4倍ぐらい
増えるからです。

■A・R・ビネ(スイス・神学者)

一番多忙な人間が、
一番多くの時間をもつ。

■安岡正篤(思想家・陽明学者)

死中活あり
苦中楽あり
忙中閑あり
壷中天あり
意中人あり
腹中書あり

■林野 宏(クレディセゾン社長)

私は30歳前後の頃、
「どんな課題も
2時間で
答えを出す」
という訓練を自分に課し
ました。2時間と区切った
のは、それ以上いくら時間
をかけても、2時間で
考えた範囲を超える
アイデアは出てこないと
経験上悟った
からです(要旨)。

■W・シェイクスピア(英・劇作家)

時というものは、
それぞれの
人間によって
それぞれの
速さで
走るものだ。

■孫武(中国・春秋時代の兵法家、『孫子』著者)

善く戦う者は、
其の勢険にして、
其の節短し。

大意・戦上手の戦い方は厳しく、かつ迅速。

■柳井 正(ファーストリテイリング会長兼社長)

管理職になると
忙しくなり、
現場に行く
時間が
なくなると
いいますが、
それはウソです。
現場に出向く回数とか
時間の問題ではなく、
ポイントさえ押さえて
いれば短時間でも、
あるいは担当者と話を
しなくても、自分でつか
めるものだと思います。

■J・W・ゲーテ(独・詩人)

時を短くするのは何ぞ?
――活動
時を堪え難く長くする
のは何ぞ?
――怠惰

----------

主な参考文献●ゲーテ『西東詩集』、O・オブリ編『ナポレオン言行録』(以上岩波文庫)、谷沢永一『名言の智恵 人生の智恵』、松下幸之助『松下幸之助成功の金言365』(以上PHP研究所)、金森誠也監修『世界の名言100選』、大橋武夫『兵法 孫子』、樺 旦純『頭をスッキリさせる 頭脳管理術』(以上PHP文庫)、守屋 淳『クラウゼヴィッツの戦略』ソフトバンク クリエイティブ、ゲーテ『ゲーテ格言集』、カミュ『シーシュポスの神話』、シェイクスピア『お気に召すまま』(以上新潮文庫)、ニーチェ『超訳ニーチェの言葉』ディスカヴァー、是川銀蔵『相場師一代』、盛田昭夫研究会篇『盛田昭夫語録』(以上小学館文庫)、宮城谷昌光『中国古典の言行録』文春文庫、『本間宗久相場三昧伝』投資レーダー、神子 侃・訳『宮本武蔵 五輪書』徳間書店、川村真二『ビジネスマンに贈る 日本人の心に響く名言』日本経済新聞社、B・フランクリン『プーア・リチャードの暦』ぎょうせい、R・ユンク『未来は既に始まつた』文藝春秋新社

----------

(西川修一=構成)