あなたの住んでる地方のお雑煮はどんなの?



お正月に食べるお雑煮ですが、みなさんの住んでいる地域のお雑煮はどんなものですか? 筆者の地元は京都府なので、有名な白みそに丸もちのお雑煮です。では、ほかの地域のお雑煮はどんなものなのでしょうか? さまざまな地方の方に地元のお雑煮はどんなものか聞いてみました。







●味も美しさも一流! 「博多雑煮」(福岡県福岡市)

私の地元のお雑煮は博多雑煮と呼ばれるものです。「アゴ」という干したトビウオで取っただしに、「ブリ」と「かつお菜」などを入れて作ります。おもちはもちろん丸もちです。見た目が豪華で美しい自慢のお雑煮です。(31歳/女性/東京都在住)



博多雑煮の美しい見た目は有名だそうですよ。



●屈指の変わりダネ! 「あんこもち雑煮」(香川県全域)

香川県のお雑煮は、白みそ仕立ての汁にあんこが入ったもちを入れることで有名です。よくほかの地域の人に「それっておいしいの?」と聞かれますが、昔から慣れた味なのでおいしいおいしくないと言うよりもこれが普通なんですよね。もちろん、地元の人間でも苦手な人はいますよ(笑)。(28歳/男性/埼玉県在住)



砂糖が貴重だったことから、お正月にあんこもちを食べるようになったらしいです。



●焼きハゼがドドン! 「仙台雑煮」(宮城県仙台市)

仙台の代表的なお雑煮は、焼いたハゼが上にドン!と乗った豪快なお雑煮です。だしも焼いたハゼでとったもので、おひき菜という野菜を入れたり、鮭の筋子を入れたりしますよ。ハゼが丸ごと乗った見た目はインパクト抜群です。(39歳/男性/宮城県在住)



筋子まで入っているとは、豪華ですね!



●まるでお汁粉「あずき雑煮」(鳥取県全域)

私の妻の地元が鳥取でして、そこではあずきを使ったお汁粉のようなお雑煮が出てきます。おもちは絶対に角もちだそうです。焼いた角もちにお汁粉のように煮たあずきをドバドバーッとかけます。普通のお雑煮を想像していたので「予想外」にやられました(笑)。(33歳/男性/神奈川県在住)



甘いもの好きにはたまりません!



●きな粉に付けて食べます奈良の「きな粉雑煮」(奈良県全域)

奈良県のお雑煮はほかとちょっと変わっていまして、お雑煮自体はみそ仕立てのダシにおもちを入れたものなんですが、食べる時にもちをきな粉に付けて食べるのです。きな粉は砂糖がたっぷり入った甘いもの。テレビなどでも取り上げられたこともある、珍雑煮です。(27歳/女性/大阪府在住)



甘辛い感じになるのでしょうか?



●とにかく具がいっぱい! 長崎の「具雑煮」(長崎県島原地方)

地元の長崎県の島原には、「具雑煮」と呼ばれる野菜や肉、魚を大量に入れたお雑煮があります。とにかく量がすごく、それだけでおなかいっぱいになります。お正月だけでなく、お祝いの日などでも作るそうです。観光客でも地元の飲食店で食べることができるので、お越しの際はぜひ!(35歳/長崎県在住)



土鍋にたっぷり入って提供されるそうで……想像するだけでおなかがいっぱいになりそうです(笑)。



●バリエーション豊かな「島根雑煮」(島根県)

地元・島根県のお雑煮はとにかく地域によって特徴的なものが多く、例えば松江ではお汁粉のような雑煮、奥出雲では岩のりをたっぷりかけたお雑煮、太田市では錦糸卵をかけた雑煮が出てきます。ほかの地域にもいろいろなお雑煮のバリエーションがあると思いますが、これだけ違ったものが集まっている県はないのでしょうか?(30歳/女性/東京都在住)



ほかの地域からの影響だったりするのでしょうね。



●もちは入れない「徳島風雑煮」(徳島県)

徳島には「しょうゆ味の汁に豆腐と里芋だけ入れてもちは入れない」というちょっと珍しいお雑煮があります。地元の人間はよその地域に行って「おもち入れるんだ!?」となり、よその地域から来た人間は「おもち入れないの!?」となります(笑)。白みそ仕立ての地域もあるそうですが、どこもおもちは入れないそうですよ。(35歳/男性/埼玉県在住)



おもちを入れないお雑煮なんて初めて聞きましたね!!





という訳で、いろいろな地方の方に、地元の「お雑煮」を教えてもらいました。地域によって本当にいろいろなお雑煮があるものですね。みなさんは、この中ではどのお雑煮が食べてみたいと思いましたか?



(貫井康徳@dcp)