【男性編】B-1グランプリの歴代ベスト5のメニューで食べてみたいものランキング
ガツンと食べたい焼そばと肉系が人気





B級ご当地グルメで町おこしをするためのイベントとして2006年から始まったB-1グランプリ。第1回大会は10団体の参加でしたが、昨年の第7回大会では63団体にも膨れ上がり、回を追うごとに盛り上がりを見せています。グランプリは来場客の投票数で決まります。グランプリをとれば全国的に知名度が上がり、最近はニセモノが出回るほどメジャーになりました。今回は442名のマイナビ会員の男性にB-1グランプリの歴代ベスト5のメニューで食べてみたいものをアンケートで聞いてみました。







Q. B-1グランプリの歴代ベスト5のメニューで食べてみたいもの(複数回答)

1位 富士宮やきそば 11.7%

2位 厚木シロコロ・ホルモン 9.3%

3位 横手やきそば 7.8%

4位 室蘭やきとり 6.8%

4位 八戸せんべい汁 6.8%







■富士宮やきそば

・「とても有名になってもはやB級と呼ぶべきかという状態だから」(26歳/農林・水産/技術職)

・「うまいもう一度食べたいと思う焼きそばに出会ってないから一度食べてみたい」(63歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「ランチパックシリーズで食べたことはあって、とてもおいしく思ったけれど、まだ本物を食べたことがないから」(31歳/学校・教育関連/専門職)





■厚木シロコロ・ホルモン

・「10年前厚木に住んでいたが、現在のようにご当地B級グルメがブランド化する以前から有名だった」(34歳/学校・教育関連/技術職)

・「どこかの焼き肉屋でシロコロを食べたことがあり、おいしかったのでぜひ本物のシロコロを食べてみたい」(44歳/医療・福祉/専門職)

・「明らかにおいしそうだから」(33歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)





■横手やきそば

・「焼きそば2つは有名だから一度食べてみたい」(24歳/電力・ガス・石油/営業職)

・「ごはんの主役にもお酒のおつまみにもなるから」(27歳/金融・証券/営業職)

・「焼きそばが好きで、いろいろな種類や変わったものが食べられるのは魅力的」(31歳/機械・精密機器/技術職)





■室蘭やきとり

・「室蘭やきとりは豚肉を使用する珍しいものだが、同じ北海道出身なのに食べたことがないから」(32歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「北海道の食べ物はどれでもおいしいから」(28歳/自動車関連/技術職)

・「鶏好きなので普通に食べたいですね」(36歳/医療・福祉/クリエイティブ職)





■八戸せんべい汁

・「せんべい汁は、硬いせんべいがどんな食感になるのか味わってみたいです」(47歳/ソフトウェア/クリエイティブ職)

・「青森支店時代に八戸地区担当だったので、思い入れがある。B1グランプリで常に上位にいながら、なかなか一位になれなくて、やきもきしていたが、先日やっと一位になって、本当にうれしかった」(31歳/金融・証券/営業職)

・「B-1グランプリの提唱者にもかかわらず、前回までずっと優勝が取れなかったという話を聞いて」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)





■番外編:想像がつかない味に興味アリ!

・静岡おでん「真っ黒なおでんをよく見るが食べたことがなく、味が想像できないから」(27歳/電機/事務系専門職)

・三崎まぐろラーメン「まぐろとラーメンの組み合わせが想像つかないから」(47歳/機械・精密機器/技術職)

・各務原キムチ「各務原キムチ鍋は会場で食べたことあり。辛さとコクがあって、B級の域ではありません」(43歳/マスコミ・広告/経営・コンサルタント系)





総評



ダントツ1位は、第1回、第2回大会のゴールドグランプリを制した「富士宮やきそば」でした。有名なので食べてみたい、おいしかったのでもう一度食べたい、という意見が多かったです。今では全国的に知名度が上がり、スーパーやコンビニなどでインスタント商品が手に入るので、一度試してみてはいかがでしょうか。





2位には「厚木シロコロ・ホルモン」がランクイン。ホルモン好き、お酒好きな方に人気で、地元票も目立ちました。





3位の「横手やきそば」はB-1グランプリのメニューに焼きそばが多いことから、食べ比べをしてみたいという意見がほとんどでした。7位と8位に「なみえ焼きそば」「ひるぜん焼そば」が続き、10位以内に焼きそば4メニューがすべてランクイン。日本人は焼そば好きが多いようです。





同率4位は「室蘭やきとり」と「八戸せんべい汁」でした。「室蘭やきとり」はやきとりなのに豚肉を使った珍しいメニューなので興味があるという方と、単純に焼き鳥が好きという方の2パターンの得票がありました。青森県八戸市で行われた第1回大会から連続出場している「八戸せんべい汁」は昨年の第7回大会でようやくゴールドグランプリを獲得。せんべいと汁の組み合わせがどんなものか、気になる方が多かったです。6位以下も票が分かれ、どれも僅差の結果となりました。





(文・OFFICE-SANGA 関和麻子)



調査時期:2012年12月14日〜2012年12月19日

調査対象:マイナビニュース会員

調査数:男性442名

調査方法:インターネットログイン式アンケート