雪合戦のルールって知ってる!?



雪を握り固めて互いに投げ合う雪合戦。雪が積もる地域で育った人は小さいころに必ずやったことがあるでしょう。さて、この雪合戦ですが「公式ルール」なるものが存在するのをご存じでしょうか? 1988年に日本で考案され、世界各地で採用されている雪合戦の公式ルールをご紹介します。







日本各地の雪合戦連盟が所属している『一般社団法人 日本雪合戦連盟』に問い合わせ、公式ルールを伺ってみました。



●雪合戦とは?

ご存じの通り、対戦相手に雪球を当てるスポーツ競技です。試合は1セット3分の試合が3セット行われ、先に2試合を先取したチームが勝利となります。こういった細かいルールは1988年に北海道の壮瞥町(そうべつちょう)で考案され、一般社団法人 日本雪合戦連盟が公式ルールとして定めました。



●雪球はどうするの?

試合で使用される雪球は1セット90個と決められています。雪を入れてギュッと押すだけで簡単に雪球を作ることのできる専用器具があり、それを使用して試合開始前に作ります。雪球の直径も直径6.5センチ〜7センチと定められています。



●チームはどんな編成?

チーム編成は1チーム10名が基本となります。試合に出場する選手が7名、補欠選手が2名、監督が1名の計10名。監督は選手を兼任することができます。試合に出場する7名は4名がフォワード、3名がバックスを担当します。



●雪合戦のフィールドは?

雪合戦の試合は、横40メートル、縦10メートルのコート(小学生用は横32メートル、縦8メートル)を使用して行われます。コートには雪球を避けるための壁が中央に1基、それぞれの陣地に3基ずつ配置されており、この壁を有効に使いながら試合を進めます。



また、自陣のエンドラインから8メートル(小学生用は6メートル)の地点にはバックスラインが引いてあり、フォワードの選手はこのラインより後ろに下がることはできません。また、コート中央に引かれたセンターラインを越えることができるのはフォワードの選手のみで、人数も3人までとなっています。



もし4人相手コートに入ってしまった場合は反則となり、その試合を失います。



●試合の勝利条件は?

相手チームの選手全員に雪球を当てて退場させるか、相手コート陣内に立てられたフラッグを奪取すれば勝利となり、チームに10ポイントが入ります。試合時間を終了しても競技が続いている場合は、終了時点でコートにいる人数1人につき1ポイントが加算されます。



残っている人数が同数の場合は引き分けとなります。



基本的には2セットを先取しているチームの勝利となりますが、取得セット数が同じの場合は取得したポイントで決着をつけます。セット数も取得ポイントもまったく同じの場合は、壁の上に標的物を置き、各チームの代表者がそれに向かって雪球を投げるヴィクトリー・スロー(VT)で決着をつけます。



ちなみに、退場となる条件ですが雪球が当たる以外にも

・サイドラインやエンドラインを越えてしまった場合

・試合中に雪球を作る、隠し持つなどの行為

・味方に雪球を投げて渡し、それを捕球してしまった場合



があります。味方に雪球を渡す際は、手渡しか地面を転がして渡さないと退場になってしまいます。







以上が雪合戦の公式ルールとのこと。この公式ルールはフィンランドやノルウェー、オランダなどいくつもの国で採用されています。さて、これからがまさに競技シーズンの到来。日本各地でさまざまな大会が開かれるそうです。



基本は慣れ親しんだ雪合戦。仲間を誘って参加してみるのもいいかもしれませんね!



(貫井康徳@dcp)