【実験レポート】欲しい商品のバーコードにアンドロイドをかざして最安値を検索! 店員に見せて値引きできるか?

写真拡大 (全5枚)

あけましておめでとうございます。

今日は待ちに待った初売りの日ですねえ!

これから買い物に行くみなさまに、「値引き交渉」の鉄板ツールをご紹介します。

百貨店のセールでは無理ですが、「他店より1円でも高ければおっしゃってください。値引きします!」と宣言している量販店に行くときは、必携です。

「ショッピッ!」

使い方は超簡単。商品のバーコードにアンドロイドのカメラをかざすだけ。自動的にバーコードを読み取ってくれ、他店との値段比較やレビューを出してくれます。もちろん、そのままオンラインショッピングも可能。

では、早速試してみマース。

 

ところはビッ●カメラのホーム家電売り場。お目当ての商品は、近年節約主婦の間でもっぱら話題の、毛玉取り器です。庶民的ですいませんねえ。

毛玉取り器の中でも一番高い商品を選びました。といっても2980円ですが。

 

「バーコードを読み取る」をタップすると、バーコード読み取り画面に切り替わります。

ここに商品のバーコードを当てると、マナーモードにしていた私のアンドロイドはブルッと震え、瞬時にこちらの画面に。

(※諸事情でバーコード読み取りが難しければ、キーワード検索バーから探しましょう)

 

検索結果の最安値は2850円。店頭価格より130円安いではないか!

 

嬉々として、この画面を開いたまま商品と一緒にレジへもっていく私。

「あのー、こちらの商品、もっと安いお店があったんですけど」

「はい、確認させていただきます! ちょっと、見せていただけますか?」

私からアンドロイドを受け取った店員さんは、その商品詳細のページをみながら、レジ奥のパソコンで検索を開始。

「確かに、こちらのお店のほうが安く表示されていますね」

 

やったー!

 

「ただ……」

「!?」

「ポイント還元率を考えると、当店の現行価格の方が安くなります。ポイントをつけないということであれば、こちらと同じ2850円になりますが、どうなさいますか?」

「えーっと……」(計算ができない)

「ポイントをつけると、この値段で買ったほうがお得になるんです」

「そうですか。それでは、このままの値段でお願いします…」

 

さすが、天下のビッ●カメラ。やはりどこよりも安かった。

今度ショッピッ!を使うなら、別の店にします。

あるいは、最安値との差額が130円程度ではない、もっとビッグな価格の商品を購入するときに。

 

あ、値引き交渉なんてとんでもない! という方へ。あるいは、値引き交渉が不可能なお店にいらっしゃる方。

他店のほうが安かった場合、そこまで足を運ぶか、その場でオンラインショッピングをするという方法もあります(※実際、本アプリでは「値引き交渉に役立つ!」とは一言も書いていません)

個人的には、値引きできるならそれが一番手っ取り早いと思いますが。

 

★「ショッピッ!」アプリ(無料)のダウンロードはこちらから↓

https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.shoppi

【対応OS】

アンドロイド2.1以降