警視庁、真犯人のUSB発見できず

ざっくり言うと

  • 遠隔操作ウイルス事件で、真犯人とみられる人物から産経新聞にメールが届いた
  • ウイルスのデータが入ったUSBメモリーを都内の山中に埋めたという内容だった
  • 合同捜査本部は写真に写っていた周辺を掘り返したが、何も出てこなかった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング