都内で5,000万円あればどんな家が建てられる?



日本一家を建てるのが難しいと言われている東京23区。土地も少ない上に、バカみたいに高いのが大きな要因です。では、もし仮に5,,000万円の資金で東京23区内に家を建てた場合、どれくらいの規模の住宅を作ることができるのでしょうか? 東京23区内と区外ではどれくらい違いが出るのか、不動産業者に聞いてみました。



――まず、土地代を考えずに上物だけで考えた場合、5,000万円の予算があればどれくらいの住宅を建てることができるでしょうか?



2階建てか3階建てで必要になるお金が大きく変わったりするのですが、5,000万円で上物だけならかなり良いものが作れると思います。参考までにですが、簡単な真四角の木造2階建てだったら、大手ハウスメーカーで一坪あたり70万〜80万円、一般の工務店さんにお願いすると一坪あたり50万〜60万円で作ることができますよ。



――ということは、5,000万円あれば70坪とか100坪の建物が作れてしまう訳ですか……。シンプルな入れ物だけならそれだけ安くできちゃうんですね。



そうですね。土地代はどうしても高くなりますから。



――なるほど。そこから残りの資金で内装や設備に凝っていくと相当なものになる訳ですね。では今度は土地代も計算した場合のお話ですが、同じく5,000万円の予算で、東京23区内で家を建てるとしたらどれくらいの規模のものになりますか?



う〜ん、23区内と言っても、ピンキリですからね……。



――麻布や田園調布などの高級住宅街だとどうですか?



それはムリですね(笑)。まず土地を買う時点で予算がいっぱいいっぱいになります。田園調布あたりだと坪100万〜300万円なので、土地を買うだけで終わってしまうでしょうね。



――小さな土地を買ってプレハブ小屋を置くというのも悲しいですもんね……。



ビルとビルのすき間とか、誰からも「ここに住むのはちょっと……」と敬遠されるような土地ならもっと安く買えるかもしれませんけど。厳しいことには変わりないですよ。



――一等地の場合、5,000万円程度ではムリという事ですか……。では23区内でも中心部から離れた場所ならどうでしょうか?



もちろん場所によりますけど、20坪くらいの土地に3階建ての住宅を建てて大体5,000万円くらいになりますね。例えばですが、東京練馬区の大泉学園という場所でしたら、駅から徒歩10分くらいで30坪くらいの土地に、27〜28坪の3階建ての住宅を建てることができると思います。ざっくりした計算なので、もう少し予算がかかるかもしれませんが。



――それでも、同じ23区内でも一等地から外れるだけでこんなに変わるものなんですね。



やはり一等地とは土地の値段が全然違いますから、いろいろ可能性は広がります。ただ、23区内の一等地以外でも、土地はそれなりにしますから、規模は小さめになってしまいますね。



――ということは、さらに大きな家を建てたい場合は、もっと郊外に出るしかないですね。



そうですね。さらに郊外に出れば、5,000万円40坪や50坪の土地に大きな家を建てることも可能になりますよ。



――なるほど。なんというか、東京の中心部で家を持つことの難しさをあらためて実感しました……(泣)。





ある程度予想はしていましたが、やはり23区内で住宅を建てるのはいろいろと厳しいことだらけのようです。5,000万円なんて超大金だと思うのですが、一等地だと土地代にもならないとは……。一等地はともかく、小規模でもいいから23区内に住むか、それとも安定の郊外に住むか、都内でマイホームを持ちたい人の大きな悩みですね。

(貫井康徳@dcp)