環形蛍光ランプ30形とほぼ同等の大きさと明るさを実現(写真は、「屋内用小型シーリングLEDG85030」)

東芝ライテックは、「E‐CORE(イー・コア)」LEDユニットフラット形に、環形蛍光ランプ30形とほぼ同等の大きさと明るさを実現した「1700シリーズ」をラインアップし、専用器具とともに発売している。

明るさ1700ルーメン

外径205ミリメートル、厚さ30ミリメートルと、環形蛍光ランプ30形とほぼ同等の大きさで、明るさは昼白色が1700ルーメン、電球色が1530ルーメン。環形蛍光ランプから置き換えられる光り方を実現するため、LEDをリング状に配置し、レンズカバーによって配光を制御した。

電源内蔵のLEDユニットなので、電球のように交換でき、器具の施工後でも用途や環境に応じて、器具本体を取り替えることなく光色を変更することができる。

専用器具の第一弾として、屋内用小形シーリング器具を発売。家庭の玄関ホールなどに多く使われている環形蛍光ランプ30形の小形シーリングに置き換えて使用することができ、45度までの傾斜天井にも取り付けできる。また、屋内用だけでなく屋外用小形シーリング器具を2013年1月15日から発売。マンションやアパートなどの共用部や戸建住宅でも使用できる。また、天井だけでなくブラケットとして壁面にも取り付けることができる。

2012年12月25日、販売を始めた。希望小売価格は、「1700シリーズ」昼白色・電球色ともに1万2600円。専用器具(ランプ別売)は、屋内用が6300円と7350円。屋外用は9765円。