変わり種の福袋が続々と登場

ざっくり言うと

  • かつては文字通り袋詰めが主流だった福袋
  • 今は袋には収まらないユニークな「中身」も用意されている
  • 名古屋三越栄店では、100万円の商品に宮崎牛まるごと1頭分
  • 和菓子職人なりきり福袋など、「体験型」の商品も目立っている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング