誰かに気付いてほしい、プチ変化ベスト5




日常の小さな自分の変化について、自分からは言い出しにくいけれど誰かに気付いてほしい、と思うことはありませんか。うれしかった出来事や悩みから新しいヘアスタイルまで、さまざまではないでしょうか。そこで、マイナビニュース会員の皆さんにアンケートで聞いてみました。



調査期間:2012/10/10〜2012/10/14

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)



■メンタル面や仕事での成果に気付いてほしい



まずは「恋人、あるいは家族」に気付いてもらいたい変化についてたずねると、



1位 うれしいことがある、落ち込んでいるなどの心情……439票(43.9%)

2位 髪型やメイクなど、顔まわりのこと……311票(31.1%)

3位 特になし……257票(25.7%)

4位 体重の変化……169票(16.9%)

5位 洋服やアクセサリー類など身に着けているもの……146票(14.6%)



半数近くの人が、メンタル面について気付いてほしいと思っています。

なかには、「風邪気味のとき。すぐに気付いてほしい」(27歳/男性)、「体調が悪いとき」(24歳/女性)など、体の不調を訴える声も。



続いて「上司や部下、同僚」編。



1位 仕事面での成果……378票(37.8%)

2位 業務について、人知れず、勉強や努力をしていること……354票(35.4%)

3位 特になし……259票(25.9%)

4位 人の失敗をかぶったこと……230票(23.0%)

5位 うれしいことがある、落ち込んでいるなどの心情……128票(12.8%)



「他人に認められるためにしているわけではないが、やはり一言もらえたらなと思う」(31歳/男性)にはうなずけます。



■気付かれないなら、それでもいいかと思うようにしている



では、気付いてもらえなかったとき、皆さんどのように感じているのでしょうか。本音を探ります。



「悲しい」(27歳/男性ほか49人)、「がっかり」(29歳/女性ほか40人)、「残念」(42歳/男性ほか36人) 、「ショックである」(26歳/女性ほか9人)などという率直な声と、

「自分のことを見てくれていなかったのかと思う」(32歳/男性)

「モヤモヤするけど言えない」(26歳/女性)

「あまり気にかけてもらってないのかも、とショックを受ける」(25歳/女性)

と、落胆が伝わってくるようなコメントが多数寄せられました。



一方で、

「ちょっと大げさにでも演技したほうがいいかと悪魔がささやくときがある」(24歳/女性)

「気付いてもらえるまでアピール! あきらめません」(23歳/女性)

という強硬派や、

「気分を入れ替えてまた一からやり直そう」(34歳/男性)

との前向き派、また、

「落ち込んでいるときに家族に心配されると逆に心配をかけたことが気になるので、気付いてもらわない方がいい」(28歳/男性)

という思いやり派も登場です。



意外と多いのが、

「まあ、仕方がない」(47歳/男性)

という声。37人(3.7%)があきらめモードの様子。



「それならそれでもいいかと思うようにしている」(50歳/男性)

「そのうち気が付くでしょう」(29歳/男性)

と流す人もいます。



やはり自分の変化には気付いてもらいたいと思う人が圧倒的多数ですが、気付いてもらえなかったときの気持ちの持ちようこそが肝心なようです。



(岩田なつき/ユンブル)