2012年を振り返る、今年最もブレイクしたと思う女性芸能人ランキング










今年も残りあとわずかということでエンタメシーンを振り返ってみれば、数々のお笑い芸人や俳優、ミュージシャンが登場。若手に限らず苦節10数年のベテランも活躍した今年、なかでも特に記憶に残る芸能人がいたのではないだろうか。そこで今回は「今年もっともブレイクしたと思う女性芸能人」を男女669名に聞いてみた。









Q.今年もっともブレイクしたと思う女性芸能人は?(単一回答)

1位 剛力彩芽 30.5%

2位 ローラ 14.9%

3位 ももいろクローバーZ 13.0%

4位 武井咲 10.2%

5位 壇蜜 9.0%

6位 島崎遥香(AKB48) 4.5%

7位 芹那 3.8%

8位 吉木りさ 3.4%

9位 鈴木奈々 2.8%

10位 木村文乃 2.1%

次点 本田翼 1.3%

次点 LiLiCo 1.3%





1位は「今、彼女を知らない人はいないと思う」(女性・29歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)という声が挙がるほどCMやドラマ、映画などで大活躍した剛力彩芽。日本映画批評家大賞新人賞、講談社広告賞ベストキャラクター賞、ベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2012など数々の賞を受賞した2012年は、まさに剛力YEARと言えるだろう。ちなみに、「今年もっともブレイクしたと思う男性芸能人」1位に輝いたスギちゃんもベストスマイル・オブ・ザ・イヤー2012を受賞している。





2位は、2012年に始めたツイッターのフォロワーが100万人を突破したローラ。男性だけではなく女性人気も高いのは「嫌みのないキャラで番組を盛り上げていた」(女性・22歳/団体・公益法人・官公庁/販売職・サービス系)ということだろうか。3位は紅白初出場を決めた、ももいろクローバーZ。「作り物のブームじゃない。本人たちの努力と実力」(男性・36歳/通信/営業職)という声があった通り、路上ライブやCDの手売りなどの下積みを経てのブレイク。パフォーマンスへの熱意や迫力も評価され、アイドル好きではない層からも支持されている。





■総評

2012年を彩った女性芸能人といえば剛力彩芽。そう言い切ってしまえるほど圧倒的な露出を誇り、ランキングでも1位を獲得。同じ事務所の武井咲は残念ながら出演ドラマの視聴率が思うように伸びず4位に。ランキング内で異彩を放っているのは、「エッチなお姉さん」こと壇蜜。2012年に『サンデージャポン』に出演して以来、テレビでの露出が急激に増え、知名度がアップした。ランク外ながら、壇蜜とは違って女性からの支持が高かったのが「野獣」LiLiCo。肉食系女子であることや、壮絶な過去など自分の内面をさらけ出すことで女性の支持を得たようだ。女優やモデル、バラエティタレント、アイドルなど多くの女性芸能人が活躍した2012年。来年はどんなタレントが芸能シーンを盛り上げてくれるか楽しみだ。





(文・塩澤真樹/C-side)





調査時期:2012年12月6日〜14日

調査対象:マイナビ ニュース会員

調査数:男女669名

調査方法:インターネットログイン式アンケート