再結成プリプリ最後の衣装 モトナリオノが制作

写真拡大

 東日本大震災の復興支援のため16年ぶりに再結成したロックバンドPRINCESS PRINCESS(プリンセス プリンセス、略:プリプリ)の衣装デザインを「motonari ono(モトナリ オノ)」が手がけていることがわかった。プリプリの再結成は2012年の1年限定。「motonari ono」デザイナー小野原誠氏は、最後の舞台になる大晦日の紅白歌合戦の衣装も担当している。

プリプリの紅白衣装モトナリオノが制作の画像を拡大

 小野氏が制作したツアー衣装は、プリプリのイメージカラーから武道館は白、東京ドームは赤を基調にデザインされた。小野氏は「16年経過した再復活でもイメージは崩さずかつ進化したプリンセスプリンセスさんのまた違った魅力を引き出せるように努力しました」とコメントしている。スタイリストは丸本達彦氏。仙台からスタートしたツアーの最終日となった12月24日の東京ドームライブではクリスマスイブに合わせ、衣装の色や素材でサンタクロースがイメージされた。ラストステージとなる12月31日放送の紅白歌合戦では、ツアー衣装とは異なるコンセプチュアルでミニマルな衣装が予定されているという。

 小野氏は、目白デザイン専門学校、London College of Fashion Foundationを卒業後、2003年にアントワープ王立芸術アカデミーに入学。在学中にロンドンのデザイナーBora Aksuにスカウトされチーフパタンナーに就任。2006年に帰国後に自身のブランド「motonari ono」を立ち上げ、2008年に東京のコレクションウィークにデビューした。エレガントなレースやフリル使いを得意とする小野氏は、これまでにもJUJU(ジュジュ)や倖田來未、BOA(ボア)など多くの女性アーティストの衣装を手がけている。


■motonari ono 最新コレクション
 2013年春夏:http://www.fashionsnap.com/collection/motonari-ono/2013ss/