左から小松優果さん、男乕美歩さん、阿部愛里さん。気仙沼港にて。

写真拡大

■最端の港

何県にあるのかを、よく間違えられる町がある。宮城県の最北端で岩手県と接する気仙沼はそういう町だ。「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」に参加した気仙沼の高校生たちは、こんなことを話してくれた。

「TOMODACHI〜で一緒だった岩手組は、気仙沼を岩手県だと思ってたらしくて、調べましたもん、グーグルで。一瞬、自分が間違ってたんじゃないのかと思いましたけど(笑)、気仙沼の自分たちとしては、ここは宮城。全然宮城」「でもね、仙台に行くにも、東京行くんでも、1回岩手の内陸に行ってからじゃないと行けないかんじ」

ややこしいのは、岩手県に「気仙郡」「気仙川」があることだ。

現在の宮城と岩手の県境部分に「気仙」というクニがあったと考えてみると、少しわかりやすくなる。現在の岩手県南東部の行政区域である気仙郡には、気仙川の源流がある住田町のみが属するが、大船渡市、旧唐丹町[現在の釜石市南部]、気仙川の河口となる陸前高田市も、以前は気仙郡に含まれていた。そして明治維新時には、今は宮城県となった気仙沼市と本吉郡が属していた。気仙郡は伊達藩の所領だった。

気仙は古くは「計仙麻」と書かれた。アイヌ語の「ケセモイ(最端の港)」が語源とされている。薩長政府による廃藩置県で、「最端の港」は岩手と宮城に割かれたかたちになる。

気仙沼は三陸有数の漁港だ。かつては東北・北海道で一番の水揚げ量を誇ったこともあるが、震災の年2011(平成23)年の水揚げ量は2万8099トン。東北・北海道・1位の釧路港(11万7000トン)には遠く及ばず、同じ三陸の被災地である宮古(3万5270トン)にも届かなかった(数値出典「水産物流通調査(2011年)」社団法人漁業情報サービスセンター)。

気仙沼市の現在の人口は7万人弱。2012(平成24)年9月時点での震災死者数は1038人、行方不明者数259人。

北に向かうJR大船渡線、南に延びるJR気仙沼線は不通のまま。内陸の岩手県一関市につながる大船渡線だけが、気仙沼に繋がる鉄道だ。「1回岩手の内陸に行ってからじゃないと行けないかんじ」は、震災後さらに強まっている。

気仙沼では3人の高校生に会った。

■合州国で出合った「変な先生」

「まだ自分の夢が、はっきりしてないというか。どんな職業があるのか、まだ知らなすぎて。自分に合った職業が何なのかも、まだはっきりしてないんですけど……」

そう話し始めた私立気仙沼女子高等学校(英進コース)2年生、小松優果(こまつ・ゆか)さんのお母さんは、鮨屋さんだった。

「そのころはわたしも家でお手伝いとかしてました。今はやってなくて。今は、たとえばイオンとかに入れる鮨ネタを切ってるんですけど。鮨には関わり続けてます」

小松さんは「TOMODACHI〜」に参加し、(こういう言い方で合っているのかどうか少々悩むが)本場のカリフォルニアロールを食べた。

「おいしかったですけど、日本のものとはちょっと違うというか、ちょっとスパイシーなかんじで、『これは何だったんだろう』みたいな(笑)。日本には、気仙沼には、もっとちゃんとおいしいのあるから、魚のおいしさを向こうの人にももっと知ってもらえればと考えてました。おいしい鮨を食べさせて、あっちで暮らしたいと思ってます。進路ってかたちでは、まだ学校とかぜんぜん決まってないんですけど、アメリカに行って、あっちで入学したいっていうのも考えてます。とりあえず高校卒業後は1年間カナダでワーキングホリデーをして、その先のことは考えていこうかなとか考えています。学校の英語の成績? 英語は、まずまず。英語だけは(笑)」

合州国で印象が強かったできごとを教えてください。

「広い食堂でランチを食べてるときに、小学生の集団が来たんですけど、引率してきた先生が、すごいクレージーな(笑)かんじで。いきなり隣に座って、『いい?』ってなって、『ああ、いいですよ』って言ったら、いきなり自己紹介始めて。子どもたちがうるさくなると、『静かにしなさい』って叱るんじゃなくて、なんか面白いことやって、子どもたちをぱっと注目させて静かにさせるんです。日本なら『変な先生』って思うのかもしれないけど、ああいう教育すごいなと思って。ああいう先生というか、指導者というか、日本にいないし」

小松さんが体験したのは授業で習う英語とは違う、子どもたちを惹きつける「話しかた」だった。さて、小松さん、向こうで鮨屋を仕事にするとなると、どんな準備が要りますか。

「今回行ってみて『しゃべれない』というのが、まずいちばんの課題だとわかって。将来ひとりで行ったとき、勉強するにしても、泊まるところを探すにしても、まず何をするにしても、英語で話さなきゃいけないから、まずは英語をしっかり話せるようにと思っています。今、けっこう真剣に英語とフランス語を勉強しています」

フランス語ということばは、この取材で初めて耳にした。なるほど料理の世界の世界共通語がフランス語だからか。こちらのこの勘違いを、小松さんは取材後のメールで訂正してくれた。

「はじめはただの興味本位だったんですよ。わたし、4歳から英会話を習っていて、塾の先生から『知人に英語とフランス語話せる人がいるから、なんとなく少し勉強してみない?』と紹介されたのがきっかけてす。今はまだ挨拶程度なんですけどね(笑)。でも、語学って勉強して損ってないと思うんですよ。今はたまたまフランス語なわけですが、挨拶程度なら韓国語や、イタリア、ドイツ語だって知っておきたいです。料理のための勉強というよりは、世界中の人とお話ししたいから勉強ってかんじです」

こちらの頭の中に、気仙沼でフランス語に出合う機会はない、という思い込みがあった。港町は人の出入りが盛んなのだ。高校生たちが教えてくれる。「ロシア人結構います」「お母さんの働いてるところ、フィリピン人と中国人います」。
小松さんは、アルバイト先でも「年齢問わずいろんな人」に出合う経験をしている。

(明日に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介 )