女性が正月に感じた結婚への圧力 - 「いい人いないの?」「孫の顔が見たい」

写真拡大

年末年始、大切な家族や親戚と過ごすという人も多いのでは。

親戚が一堂に会すと話題になるのが「結婚」。

いまだ独身の自分に対し、先に結婚した姉妹やいとこと比べたり、「いい人いないの?」「あなたもそろそろ……」と寄ってたかって圧力をかけてきたりすることに苦痛を感じたことはないだろうか。

今回はマイナビニュース会員のうち独身女性300名に、年末年始に親や親戚から結婚を促すプレッシャーを感じたことがあるか聞いてみた。

Q.年末年始、親や親戚から結婚を促すプレッシャーを感じたことはありますか?はい 23.3%いいえ 76.7%Q.(「はい」と答えた方にお聞きします)どんなことからそう感じましたか?■孫の顔がみたい・「結婚はまだなの? 早く孫の顔が見たいわといわれたとき」(26歳女性/商社・卸/事務系専門職)・「実家に帰る度に、おばあちゃんから『早くひ孫を生め!』『結婚はいつするんだ?』と言われるが、そんなに切羽詰まったような言い方ではないのでそこまで重くはないものの、やっぱりおばあちゃんに晴れ姿を見せてあげたいな……と思う」(32歳女性/医薬品・化粧品/専門職)■大きなお世話!?・「親戚からの年賀状に『いつまで一人で居るつもりなの?』と書かれた事」(48歳女性/情報・IT/事務系専門職)・「おせっかいな叔母が言わなくてもいいことをいちいち言ってくる」(30歳女性/学校・教育関連/営業職)・「親戚のおばさんが、うちの親がいないところで『いい人いないの?』と話しかけてくるから」(30歳女性/機械・精密機器/技術職)■祖父母からの圧力・「祖父母から、早く子ども産まないと面倒みれんよーと言われ、遠回しな圧力を感じた」(25歳女性/医療・福祉/事務系専門職)・「祖母から『わたしが26歳のときは結婚していた』とぶつぶつ言われるけど、昔と今は違うと分かってほしい」(26歳女性/運輸・倉庫/販売職・サービス系)■両親の願い……・「父親にデキ婚でもいいと言われた」(31歳女性/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)・「両親が初詣といいつつ、私の良縁をお願いしに神社に行っているとき」(33歳女性/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)■周りと比べないで!・「姉より結婚するのが早そうだったのにねーといわれたこと」(24歳女性/アパレル・繊維/販売職・サービス系)・「いとこに子供ができて、私の子供だったらこうだろうな、という話を親たちが話す時」(24歳女性/金融・証券/専門職)・「実家に妹が彼氏を連れてくるときにプレッシャーを感じる」(27歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)■その他・「結婚相談所の切り抜きが置いてあったとき」(34歳女性/医薬品・化粧品/事務系専門職)・「生涯独身の人の割合は……というようなニュースをテレビで見たときに『あなたはこうなっちゃダメよ、結婚しないと』と言われます」(30歳女性/商社・卸/事務系専門職)・「私が確定申告のことを話していたら、結婚して扶養に入れば断然お得なのにと母に言われた」(25歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)・「結婚式に着ていく服は決めてあるからといわれる」(30歳女性/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)■総評年末年始に、親や親戚から結婚を促すプレッシャーを感じたことがあると答えた独身女性は23.3%で、男性編のアンケート結果より倍近く高い数字となった。

男性より女性のほうが結婚の話には敏感なようだ。

とりわけ「孫の顔がみたい」という発言にストレスを感じる女性が多い。

親や祖父母はごく当たり前の願いを口にしただけかもしれないが、そう簡単にはいかないし返事に困ってしまうだろう。

また、結婚して子育てをしている姉妹やいとこと比較をされつらいという回答も目立った。

いとこが結婚した際、「次はあなたの番だね」と言われたり、結婚式の写真や子どもの写真が入った友人の年賀状を見た親から「どこで差が開いたのか」と言われたりしてしまったという人も。

お酒の席で、それほど親しくない親戚から恋人の有無や結婚の予定など興味本位であれこれ詮索されるという回答も多かった。

お見合いや結婚相談所に入ることを勧めてきたりと、お節介な人というのはどこにでもいるようだ……。

周りが何と言おうが、結婚のタイミングも幸せの基準も人それぞれ。

年末年始、シングルにとっては試練の時期かもしれないが、堂々と胸を張っていたいものだ。

調査時期: 2012年12月20日〜2012年12月23日調査対象: マイナビニュース会員調査数: 女性300名調査方法: インターネットログイン式アンケート