左から伊澤久也さん、及川秋平さん、佐々木唯希さん。奥州市水沢区にて。

写真拡大

■「お金貸して」って言えないと思う

私立一関修紅高3年生の佐々木唯希さん。志望は保育士。「できたら乳児院とか乳児施設を建てたいな」と語る。佐々木さん、乳児院を経営する上で、障害になることは何だと思いますか。

「お金。短大行って保育士の資格を取ろうとするときは大丈夫だと思うんですけれど、乳児院をつくろうとするとき」

人からお金を集める能力が、佐々木さんの中に隠れていると思いますか。

「『お金貸して』って言うんですよね? 言えないと思う」

保育士になるため、もしくは乳児院を経営するために、どんな人に会って何を知りたいですか。

「心理学の先生に会いたいです。子どもを預かるわけで、その子ども、いろいろ問題を抱えているわけだから、そのケアもちゃんとできるようにならないといけないなと思っているから、心理学を学びたいんです。でも、心理学だけ学ぶと、就ける仕事が限られちゃうから、とりあえず保育士みたいな」

保育士の資格を取って保育所に勤めるのがゴールというわけではなく、できれば経営も、できれば心理学も——と佐々木さんの視野が広がるのは何が理由でしょうか。

「病んでる子どもたちを診たいんです、いっぱい。病んでるって言い方はおかしいのかな。ちっちゃい頃から病んでて、そのまま大人になるのは、将来にも関わるから、その子の人生、可哀想だと思う。そのとき診ている側に何かケアができて、普通に戻る——って言い方はおかしいけれど——それができれば、そこからいろんなところに飛ぶことで、その子どもの可能性が広がると思うんです。できるだけいろんなことさせてあげたいし、いろんな体験させてあげたい。そのとき診ている側の視野が狭いと、それは子どもの邪魔になると思います」

保育士の資格を取るだけでは、経営ができるとは——。

「思っていないです。だから簿記とか習ったら、少しは経営もできるんじゃないかなと思って、商工に行ったんです。じっさい、役に立ちそうです。経営やりたいって子が友だちにもいるんですよ。その子は、今、経営の大学に行くとかって言ってて。その子とはすごく合うんで、チームを組んで乳児院やるみたいな形でもいいかなとは思ってます」

商工とは釜石商工高のこと。佐々木さんの生まれ故郷は釜石だ。2年生が終わるまで、佐々木さんはそこに通っていた。

「震災がなければ、釜石で高校3年間暮らしてたと思うんです。だいぶずれちゃったと思う。震災がなかったら? 保育士って夢は変わりないと思うけれど、勉強に追われてると思う。だいぶなんか、緩いんですよ、こっち(内陸)の方。(釜石では)商業系なんで、簿記の計算ばっかで、頭メッチャ使ってたんです。内陸はのんびりしてる」

佐々木さん、保育士になりたい、できれば乳児院を経営したいという思いには、釜石での震災経験が影響していますか。

「うん、ある。あります。震災孤児、今どうなってるのかなって思ってる。釜石、気になる」

同じ岩手でも、釜石と内陸では震災は違うものですか。

「違う。こっちは全然軽い」

釜石から来た佐々木さんは、こちらでイラッとすることある?

「ある。あります。釜石には、(震災のことは)何も見たくない、テレビも無理っていう子も多いのに、わかってない。テレビ見て倒れた子もいるらしいんです。こっちの人、笑って話せる。けど、でも笑って話せるのは許せないし。そういうことは、こっちの人も言えばわかってくれるけど、言うのも……」

佐々木さんの隣には、この2日間、沿岸部を初めて見てきた伊澤さんがいる。沿岸部に内陸の高校生が来るということ、沿岸部OGの佐々木さんは、どう思いますか。

「見に来るのはいいと思うんです。ただ、だいぶ瓦礫も減ったし、建物も綺麗になってるし、最初に見たのがその風景なら、(沿岸部は以前から)そういうものだって思われるかも知れない。『以前はこういう町だったのに、こうなった』っていうかんじがわかんないというか。瓦礫があれば、まだ『うわぁ……』ってなるかもしれないけれど」

最後に「TOMODACHI〜」の体験を聞かせてください。

「アメリカ初めてだったんですけど、行って体験したことが、今までの人生で何よりも大きかった。後輩にもほんとに体験してほしいと思う。震災の体験も大きいけど、それはマイナスの面で、下がっちゃうというか、どうしても暗くなっちゃうんだけど、アメリカに行ったことは、プラスのほうで最大の体験。あと、アメリカ人、見たかんじが格好良かったです(笑)。アメリカ人の格好いいところ? 気にしないとこ。日本だと、男の人ってなんか遠慮するじゃないですか。気にしないぶんだけ、こっちも楽なかんじがします」

■男子って進路決めるの遅いかんじがする

奥州編の最後は、佐々木さん、及川さん、伊澤さん、3人にいちどに話を聞いていく。伊澤さんが話してくれた「いい大人」の話に興味があります。ぜひ及川さんと佐々木さんにも訊いてみたい。

「話をちゃんと聞いてくれる人。久也君が言うように、『そういう人とつるんでるんだから』って決めつける人、多いと思う。あと、上下関係。下の人が、『これしたいんだけど、上の人がああ言うから、俺にはもう無理なんだよ』って言うのは、大人の弱点だと思う」

ここで及川さんが頷く。

「生徒会長として、『こういったことがやりたい』と思ったとき、自分の中では『こういう手順を踏んでいけば達成できるんじゃないか』っていうのがあるんですが、リスクが高いことが通らないような……。 心良く引き受けてくださる先生もいるんですけど、暗に『上まで話を通すのが面倒だ』と言われているようなときもあって。これは先生というよりも、承認を通す手順、システムの責任があると思うんです。ちょっと煩雑すぎる。アメリカでも上に話を通すシステムはあると思うんですが、そんなに細かくはないと思うんですよ。何十人のハンコをどんどんついていくようなシステムじゃない。 あと、学校の先生は職業病みたいなものなので仕方ないと思うんですけど、『高校生だから』っていう見方が、よろしくないのではないか」

及川さんの考える「いい大人」は、どういう人ですか。

「内向きと外向きとあると思います。内向きのいい大人は、否定から入らない。外向きは、自分の駄目なところを隠さずに、それを自分で理解して『自分はここが駄目だから、こうあろう』ということがわかる」

最後に、互いが互いの進路の話を、どう聞いたかも聞かせてください。3年生の佐々木さんは2年生男子2人の話を聞いて、どう思いましたか。

「男子って進路決めるの遅いかんじする。なんでなんだろう。遊んでて、真面目さがないような気がする(笑)。自分の将来について『就職でいいわ』みたいな、そんなかんじがして。わたし? 中3のときには保育士になりたいって決めてました」

伊澤さんの進路の話は抽象的で、及川さんのそれは具体的。きわめて対称的な話だったと思います。及川さんは、伊澤さんの話をどう聞きましたか。

「まあ、抽象的でもいいんじゃないかなと、わたしは思うんです」

伊澤さんは、及川さんの話を聞いて。

「偉いなと思った。決めたってことは、ちゃんと真剣に向き合ったってことだから」

わずか3人。だが、それぞれ違う。互いが違うということを、横で聞きながら考えている。次回も3人の高校生に話を訊く。伊澤さんと一緒に訪れた宮城県北端の港町・気仙沼で出合った3人の話だ。

(明日に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介)