雪と氷を楽しむスポーツ博覧会 六本木ヒルズに15mのジャンプ台出現

写真拡大

 東京都心でウインタースポーツを観戦することができるイベント「TOKYO SNOW & ICE 2013」が、2013年1月19日と20日の2日間、六本木ヒルズアリーナで開催される。国内外のスキーアスリートが地上約15メートルから滑走し、迫力あるジャンプパフォーマンスで技を競い合う「東京ヒップジャンプ選手権」を開催。ランディングの方向が90度変わる「ヒップセクション」と呼ばれる変則ジャンプ台が、都内最大級の大きさで登場する。入場は無料。

六本木に15mのジャンプ台出現の画像を拡大

 冬のスポーツ博覧会東京「TOKYO SNOW & ICE 2013」は、ウインタースポーツ普及のために国際スキー連盟が提唱する「World Snow Day」と連動して開催。ジャンプ台を備えた競技スペース、子どもが雪遊びを楽しむことができるキッズスペース、フィギュアスケーター村主章枝やお笑い芸人の小島よしおがゲストとして出演予定のステージイベント、"ゲレンデ食"を集めたフードコートなど多彩なコンテンツが登場する。

 競技スペースの目玉イベント「東京ヒップジャンプ選手権」では、2014年ソチオリンピックから正式種目として採用される「スロープスタイル」のジャンプ台を会場内に再現。スキープレイヤーが、斜面に設置された様々な障害物を乗り越えながらジャンプやパフォーマンスが披露される。

■冬のスポーツ博覧会東京 TOKYO SNOW & ICE 2013
 日時:平成25年1月19日(土)・20日(日) 11:00-19:00 ※雨天決行
 会場:六本木ヒルズアリーナ
 所在地:〒106-6108 東京都港区六本木6-10-1
 入場料:無料
 http://www.tsi2013.jp/