三重県の伊勢志摩スカイライン、日の出の名所で感動のお正月を!

写真拡大

伊勢志摩スカイライン、朝熊山頂展望台、三重交通は、初日の出の参拝客などに対応するため、年末年始に特別営業を行う。

伊勢志摩スカイラインの冬期営業時間は07:00〜19:00だが、12月31日(月)は07:00〜24:00(終夜営業)、1月1日(火・祝)00:00〜19:00、2日(水)〜15日(火)06:00〜19:00まで営業。

朝熊山頂展望台の営業時間は1月1日(火・祝)04:00〜17:00となる。

尚、1日07:00から、初日の出見物客の先着800名に、朝熊山頂展望台の売店前にて特製「朝熊山初日の出汁」がふるまわれる。

三重交通では、1月1日早朝のみ運行される内宮前から金剛證寺をつなぐ「初日の出バス」および、1日〜4日に運行される内宮前、浦田町、金剛證寺、山上広苑、鳥羽バスセンターに停車する臨時バスが運行される。

朝熊山は古くからの山岳信仰の山であるとともに、日の出の名所としても知られる。

臨時バスが停車する「金剛證寺(こんごうしょうじ)」は、825年(天長2年)に空海が真言密教道場として南峯東腹に建立したという歴史がある。

詳細は伊勢市観光協会を参照のこと。