婚活男女の金銭感覚調査 - 女性の6割は男性に年収500万円以上を希望

写真拡大

結婚相手紹介サービス「ノッツェ」を運営する結婚情報センターはこのほど、同サービス会員の男女632人(20代から50代)を対象に行った「婚活男女の金銭感覚」に関するアンケート調査を実施した。

調査11月14日〜27日に実施された。

結婚相手に求める年収を聞いたところ、男性の77.5%は、女性の年収が「300万円未満」で満足しており、最低ラインは「100万円未満(44.6%)」と回答している。

一方、女性の63%は、男性に「500万円以上」の収入を希望。

最低でも「300万円から400万円未満(37.7%)」と、男女で大きい違いがあらわれた。

男性は結婚をしたら相手には「好きな分野・趣味の仕事を見つけてほしい(28.9%)」、「仕事をやめてほしい(9%)」と、収入に対しての期待感を持っていない回答がよせられている。

また、女性も結婚後「現在の仕事をそのまま続ける」という回答は47%と、半数を切っており、27.7%が「仕事をやめて主婦になりたい」と回答。

昨今の「”DINKS(ディンクス)”=子どもを作らない共働き夫婦」というライフスタイルとは逆に、”男性が稼ぐ”という、従来型のスタイルを求める傾向がみられた。

結婚後のお金の管理についてたずねたところ、「夫婦共有して一緒に管理(男性50%、女性47.7%)」が男女ともに、最も高い結果となっている。

しかしながら、男性の約4人に1人が「相手にすべて任せて、自分は小遣い制で構わない(男性24.4%、女性2.7%)」と回答。

女性の28.7%が「自分がすべて管理し、相手には小遣いだけ渡したい」と回答していることから、家庭の財布については、女性の主導権が強い傾向にあるようだ。

これは、男性の「自分に金銭感覚がないので、相手には金銭感覚があってほしい(24.7%)」という結果にも裏づけされている。

なお、「小遣い制で構わない」男性の希望金額は「月2万8,333円」であったのに対し、「小遣いだけ渡したい」女性の相手への設定金額は「月3万4,244円」と、男性の希望よりも2割以上高い金額を検討している結果もでたという。

「へそくり」に関する質問では、男性の61.1%が「へそくりは作らない」と回答。

反対に、女性の64.7%は「へそくりを作るつもり」と回答している。

年間のへそくり金額目標でも、女性は、男性の平均額「41万5,796円」を1.6倍も上回る「67万8,608円」。

使い道としては、男性は「サプライズの贈り物」、女性は「いざという時のため」という回答が目立った。