京都府・京都市議会が蔵元を応援。「清酒で乾杯」条例可決。1月より施行

写真拡大

京都府の京都市議会は26日、清酒による乾杯を推奨する条例案を全会一致で可決した。

2013年に1月に施行されるという。

このほど可決した条例案は、蔵元が並ぶ伏見を抱えた同市が、清酒への関心を高めて消費量アップにつなげるのが狙い。

議員提案で「市の伝統産業である清酒による乾杯の習慣を広めることにより、日本文化への理解の促進に寄与する」とうたっている。

日本酒造組合中央会(東京)によると、条例としては「おそらく全国初」だという。

また、市は清酒の普及促進に必要な取り組みに努めることとし、生産者や市民にも協力を求めるが、罰則規定はないとのこと。

市は今後、宴会を扱うホテルや飲食店に清酒の利用を働きかけていく。