サッカー流行語、2012年の大賞は本田圭佑選手の「ケチャップ」に決定!

写真拡大

ギャラクシーエージェンシーが運営するニュースサイトの「サッカーなう」はこのほど、同サイトが主催する”サッカー流行語アワード2012”の大賞が「ケチャップ」に決定したことを発表した。

大賞となった「ケチャップ」は、本田圭佑選手の「名ストライカーが言っていた。

ゴールはケチャップみたいなもの。

出ないときは出ないけど出るときはドバドバ出る」という発言から今年流行した。

この名ストライカーとは、元オランダ代表のルート・ファンニステルローイのこと。

ハインツ社など、ケチャップ業界も本田選手の発言に注目したという。

また、審査員特別賞には「マヤニスタ」が選ばれた。

これは、吉田麻也選手の熱狂的なファンのことを示す。

吉田選手のブログは人気があり、ブログ本もベストセラーとなったという。

詳細は同サイトで確認できる。