ラジオドラマ「あ、安部礼司」が絵本に。『えいたとハラマキ』発売 - 小学館

写真拡大

小学館は、TOKYO FMのラジオドラマ「NISSAN あ、安部礼司 BEYOND THE AVERAGE」のスピンオフ絵本『えいたとハラマキ』を発売した。

同書は、TOKYO FMで放送7年目を迎え、リスナー74万人を誇るラジオドラマからの初のスピンオフ絵本。

今回は、ラジオドラマの主人公、安部礼司のひとり息子4歳の「永太(えいた)」を主人公に、誕生日のプレゼントにもらったママの手編みのハラマキを巻いて奮闘する姿を描いた。

ストーリーは、誕生日プレゼントでもらったハラマキを巻いて、えいたが街に飛び出すと、郵便ポストやモミの木、こぐま、白鳥のこどものトラブルに遭遇。

持ち前の機転と大事なハラマキで、次々と彼らを助けていくという内容。

白鳥のお母さんと世界を救うために、寒い国の魔王と対峙(たいじ)するなど、優しさと勇気にあふれた内容となっている。

今回は、絵本化にあたり、ストーリーは番組の脚本家が特別に書き下ろしを行った。

絵は新進気鋭の絵本作家が担当している。

ハラマキを巡って展開するファンタジーで、ラジオドラマとの斬新なコラボレーションは、子どもはもちろん大人も楽しめる内容とのこと。

『えいたとハラマキ』は、小学館が発行。

作は北阪昌人、絵はおくやまゆか。

全40ページで、価格は1,470円。