提供:週刊実話
提供:週刊実話
 『AKB48』から『HKT48』に移籍した指原莉乃(20)に、股間を「モロ出し」にしたハレンチな画像が流出。単なるパンチラどころかスカートの中の「性器」や「ヘア」も見えているとの声も一部であり、波紋が広がっている。

 問題の事態が起きたのは、12月9日に放送されたNHK『MUSIC JAPAN』。AKB側の一員として出演した指原が、メンバーの柏木由紀とともに、2つの椅子のうち、ブーブークッションがある椅子に座った方が負けというゲーム対決をしていた時だった。
 「柏木がブーブークッションに座ってしまい、勝利した指原は口を開けて大笑いしたのです。その勢いで、足をバタつかせ、フリフリのミニスカの奥が一瞬“モロ見え”状態になってしまったのです。股間のデルタ地帯にはパンティーからハミ出た“ナマの具”も…。いわゆる性器の一部のようにも見えてしまったことから、騒動に発展したわけです」(アイドルライター)

 実際、ファンの一部が、問題シーンを静止画像にし、ネット上に流出させた。それを見ると、確かに「具」のようにも見え、「ヘア」がうっすらあるようにさえ映っているのだ。ネットでは「放送事故」として火に油を注いでいるほど。
 「ネット住人たちの間では、指原の股間部分を拡大するなどして検証する作業も始まっています。確かにパンティーの左脇から、黒ずんだ大陰唇の一部かヘアのようなものが出ているように見えますね」(芸能記者)

 指原といえば、6月に一部週刊誌で男性スキャンダルが報じられて、『HKT48』に移籍。それ以来“露出事件”が目立つ。本誌既報通り、TBS系『爆笑学園ナセバナ〜ル!』の放送中にスカートの中に手を入れてモゾモゾ動かす本番中オナニー疑惑騒動を起こしたばかりだ。
 「11月に20歳になった指原は、今後の方向性についてかなり悩んでいるようです。もうブリッ子的キャラでは芸能界で生きていけないと判断し、“露出作戦”を本格化させたとみられます。今回問題となっている“具疑惑露出”騒動も、明らかにわざと股間をモロ出ししていますね。パンティーを少しずらしていた疑いも、ぬぐいきれません。エロ&汚れキャラとして、今後も過激な“サプライズ”を起こしていく可能性が高そうです」(芸能プロ関係者)

 来年も、“お騒がせ”な指原から目が離せない。