安積伸 × にっぽんフォルム 快適なデザインでつくる生活空間

写真拡大 (全4枚)




安積伸 × にっぽんフォルム 快適なデザインでつくる生活空間

 

ロンドンを拠点として活動するデザイナー 安積伸は、「デザインは作り手と使い手との共同作業」と考え、プロダクトはその使いやすさに人々をうならせます。

この度、現代日本人の暮らしに馴染むアイテムを紹介する「にっぽんフォルム」は、その安積伸による快適なデザインを、リビング・ダイニングなどの生活空間の中で紹介します。国境や人種、性差、カテゴリーを超えた視点から生まれる安積伸のデザイン。

彼は、柳宗理やハンス・J・ウェグナーといった、生活デザインの発展に大きな足跡を残した偉人を敬愛し、またそれを乗り越えようともします。「ちょっと洒落ていて気持ちのよい生活感。そういうものを提供したい。」そんな彼がデザインした「Banquette」シリーズは、リビングとダイニングを組み合わせた欲張りなソファ。

本展では、そのBanquette シリーズからGALA、COX ソファを。また、ユニークなフォルムと高さ調節可能な機能性で長年人気を誇るLEM スツールから、Trace Chair、NARA チェアまで、5年毎のデザインの軌跡をパネルと併せて紹介します。

さらに、今回日本初公開となる0601 シリーズの木製トレイや、kami-mon シリーズのstill Life、Square Mobile は、新しい発想で生活空間にあたたかみと彩りを加えます。

 



 

にっぽんフォルムと安積伸の共演による、これからの生活空間をご覧ください。

■展示アイテム

□GALA・COX リビングダイニング/フォルマックス

□ISLE テーブル/フォルマックス

□NARA ダイニングチェア・コートスタンド/フレデリシアファニチャー

□LEM スツール/ラパルマ

□Trace Chair /デサルト

□Still Life・Square Mobile /かみもん

□木製トレイ/0601

□EDGE CLOCK/レムノス 他

■協力

(株)エスティック/スカンジナビアンリビング/(株)アダル/(株)イトーキ/(株)コード/(株)いまだ/(株)タカタレムノス 他

 

安積 伸(プロダクトデザイナー)

1965 年神戸生まれ。1989 年京都市立芸術大学卒業。1992 年渡英。以降、ロンドンを拠点とする。1994 年英国王立美術大学(RCA)修士課程修了。1995 年より10 年間デザインユニット「AZUMI」として活動。2005 年個人デザイン事務所「a studio」設立。プロダクトデザインや家具・空間のデザインを中心に、国際的な企業と協働し幅広く活動している。大阪芸術大学デザイン科客員教授。

 



 

期間:2013年1月10日(木)〜3月26日(火)

会場:OZONE4階 にっぽんフォルム

http://www.ozone.co.jp/