もうすぐやってくるお正月。おみくじや福袋など何かと運試しが多い年の始めですが、なかでも最も神秘的なのは「初夢」ではないでしょうか。その年の運勢を占う大事な夢なので、寝る前に少し気合いが入ってしまったりします。

 初夢という言葉から「1年の初めに見る夢」と思われがちですが、通常は「元日から2日の夜、または2日から3日の夜に見る夢」なんだそうです。

 そんな初夢に登場すると縁起がいいとされていることわざに「一富士、二鷹、三茄子」があります。江戸時代からの言い伝えだそうですが由来はいくつかあり、なかには「徳川家康の好物を並べた」という説も。好きな景色は富士山、趣味は鷹狩り、好きな食べ物は茄子といったところでしょうか。

「せっかくの初夢だからこそ、いい夢が見たい!」と思うのはみんな同じ。試験に合格する夢、好きな人から告白される夢などをぜひ見たいものですが、そんな願いを叶えてくれるかもしれない「ユメミ〜ル」というアプリが存在するのをご存じでしょうか?

 この「ユメミ〜ル」は、寝る前に見たい夢を選んでiPhoneを枕元に置いて寝ると、睡眠状態を感知して選んだ夢にちなんだ音声を再生してくれます。例えば、「合格するユメ」なら周りが拍手で祝福してくれる音がレム睡眠の間に聞こえてくる、という仕組みです。

 現在「ユメミ〜ル」では、映画『きいろいゾウ』とコラボレーションした夢コンテンツ『「映画きいろいゾウ」スペシャルドリーム』が期間限定で配信されています。『きいろいゾウ』は、作家・西加奈子さんの人気小説を映画化したもの(2013年2月2日よりロードショー)。宮崎あおいさんと向井理さんが初共演で夫婦役を演じることでも話題を呼んでいます。宮崎あおいさん演じるツマが幼少期に読んでいた絵本=『きいろいゾウ』がアニメーションとして映画の中に登場しますが、その絵本のゾウ役の声を、ムコ役の向井理さんが担当しています。

『「映画きいろいゾウ」スペシャルドリーム』では、「ゾウと旅するユメ」(声:向井理)、「ゾウと話すユメ」(声:向井理)の2つのストーリーを楽しむことができます。

 見たい夢が見られるかは朝起きたときのお楽しみ。すてきな初夢が見られるといいですね。

【関連リンク】
ユメミ〜ル
http://www.technology-miraiworks.com/yume/



『絵本 きいろいゾウ』
 著者:西 加奈子
 出版社:小学館
 >>元の記事を見る



■ 関連記事
小津安二郎作品と『踊る大捜査線』は似ている?
『ロンドンハーツ』出演者の基準は? 加地プロデューサーが番組作りの裏側を明かす
被災地への義援金はいくら送れば良い? 現代日本の「お金」信仰を問う第49回文藝賞受賞作『おしかくさま』


■配信元
WEB本の雑誌