和歌山県田辺市「紀州田辺梅林」、2013年は2月1日から3月3日まで開園

写真拡大

2013年に開園50周年を迎える、和歌山県田辺市の「紀州田辺梅林(石神梅林)」。

記念となる2013年は2月1日(金)から3月3日(日)まで開園することに決まった。

「紀州田辺梅林」は、梅の産地・田辺市の観光梅林。

標高400メートルの「大蛇峰展望台(おおじゃみねてんぼうだい)」から眺めると、水平線を遠景に、すり鉢状に約30万本の梅畑が広がる。

期間中はイベントも開催。

毎週日曜日と2月11日(祝・日)には、梅ジュース作り体験(参加費500円)や、熊野のブランド米である熊野米を石神産の梅干しとともに無料で提供(数量限定)。

ほかにも、田辺市内湧出の温泉の足湯を一人桶で楽しめる梅林足湯や、新芳養魚港からシラスや干物を出張販売する軽トラック市が開かれる。

また、2月11日には、田辺市周辺のゆるキャラの撮影会と紀州天満宮の例祭「梅花祭」が、17日には「祝梅祭」(野天)、大正琴演奏会、豊穣祈願もちまき大会、梅林ウォーク(有料)、さらに、24日には梅干し種飛ばし大会などを予定。

そのほかにも、採れたての農産物や山菜、手づくりの品々が販売される「石神市」をはじめ、「石神母さん特製弁当」の販売、観梅スタンプラリーフォトコンテストなど、盛りだくさんに企画されている。

なお、入園料は無料で、開園時間は9時00分から17時00分まで。

観梅期間は2月3日から3月4日までを予定しているが、開花状況により期間短縮の場合もあるというので、ぜひ確認を。