香川県、瀬戸内海の島々を舞台に「瀬戸内国際芸術祭」が来年3月から開幕

写真拡大

瀬戸内海の島々を舞台に開催される現代美術の国際芸術祭「瀬戸内国際芸術祭」。

2013年に行われる第2回目の日程などがこのほど決定した。

第1回「瀬戸内国際芸術祭」は2010年7月19日から10月31日までの105日間にわたって行われ、8つの国と地域から75組のアーティスト、プロジェクト、16のイベントが参加し、93万人の来場者があった。

第2回目となる2013年は、4月28日(日)から9月23日(祝)までの期間を、「ART SETOUCHI 春(4月28日〜5月6日)」「ART SETOUCHI 夏(7月14日〜8月19日)」「ART SETOUCHI 秋(9月15日〜9月23日)」の3つの期間に分けて開催。

会期総計は108日間に及ぶ規模となる。

会場も前回の会場となった高松港周辺、直島、豊島、女木島、男木島、小豆島、大島、犬島、宇野港周辺に加え、中西讃の五つの島が新たに加わることになった。

参加アーテイストもベテランから新進の作家まで、22カ国・地域の175組・プロジェクトが名乗りを上げている。

美術家の横尾忠則氏は土庄町の豊島の民家を改修し、絵画などを展示する「豊島横尾館」を整備する。

また、写真家の荒木経惟氏も、JR予讃線のラッピング車両を手掛け、来場者の足をアートで彩る計画だ。

アーティスト日比野勝彦氏が参加するほか、俳優の南果歩氏が演劇などを計画している。