Visaプリペイド「Vプリカ」、残高を合算して上限10万円まで利用可能に

写真拡大

ライフカードはこのほど、同社が発行するネットショッピング専用のVisaプリペイド「Vプリカ」について、各券種の残高を合算し、上限10万円まで利用可能になったと発表した。

現在販売しているVプリカ券種は最高2万9,000円までとなっているが、今回の変更により、各券種の残高を合算すると最高10万円まで買い物ができるようになった。

なお、合算した後の新しいVプリカのカード番号・有効期限・セキュリティコードは、新規に設定されるという。

合算方法を説明すると、まずVプリカWebサイトから「Myページ」にログインし、「MyページTOP」にて「各種登録・変更」を選択する。

次に「残高合算」をクリックし、残高を合算したいVプリカを2枚以上決定した後、新しいVプリカのカード名とカードデザインを選ぶと、カード発行完了となる。

Vプリカは、Visaブランドが付いたネットショッピング専用バーチャルプリペイド。

VISA認証サービス(3-Dセキュア)に対応し、クレジットカードと同じように使用することができる。

日本国内在住の18歳以上であれば、本人確認資料や審査なしで24時間365日即時発行が可能となっている。