12月26日、27日に千葉県の一の宮CCにて、「関東高等学校ゴルフ選手権冬季大会 兼 全国大会予選」が行われ、高校男子は初日に66をマークして首位スタートを切った金田直之(かねだ・なおゆき、千葉・拓大紅陵2年)くんがそのまま逃げ切り、高校女子は3位タイからスタートした堀内明莉(ほりうち・あかり、山梨・山梨学大付高2年)さんが逆転で優勝した。
ニチレイレディスの歴代優勝者など
 金田くんは、南関東予選では惜しくも2位。初日から首位を快走する優勝で見事、南関東予選のリベンジを果たした。また、堀内さんは首位と4打差からのスタートとなったが、逆転で先週開催された日神カップ日刊スポーツジュニアオープンに続いての連勝となった。
 なお、高校男子はシード選手を除く40位タイ、高校女子はシード選手を除く20位タイまでの選手が全国大会への出場権を獲得した。また、本大会の高校女子の部優勝者は、来年6月に開催される「ニチレイレディス」に代表選手として、優勝者を除く上位5名は同大会の主催者推薦選考会に派遣されることになった。

【高校男子の部優勝/金田直之くんのコメント】
「複雑です。優勝は嬉しかったですけど、後半にスコアを伸ばすことが出来なくて。後半の出だしにいきなりOBを打ってしまうし、この反省をいかして全国でいいプレーをしたいです」
【高校女子の部優勝/堀内明莉さんのコメント】
「嬉しいです。小学校まではソフトボールをしていて少年野球チームでエースでした。ゴルフは小学校6年生から始めて、高校からゴルフ1本に絞って頑張ってきました。これまで地元の大会では優勝したことはあったんですけど、大きな大会での優勝は先週が初めてだったので、今週は関東で優勝することが出来て嬉しいです。それにプロの大会には出場したことが無かったので、ニチレイレディスに出場出来ると聞いて嬉しいです。」
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
2013年シーズン国内女子ツアースケジュール
秘蔵写真満載!女子プロ写真館