【ソフトバンク】アンドロイドを使って、海外で電話をかける

写真拡大 (全3枚)

こんにちはー。「海外でアンドロイド」シリーズ、今日はソフトバンクユーザー向けに、渡航先で電話をかける方法について書きマース。

 

■最初に

・自分の端末が渡航先で利用可能かどうか、事前にチェックしましょう。

ソフトバンクの場合、契約時に「世界対応ケータイ」に申し込んでいればOKです。

 

ご自分の契約内容を確かめるにはマイソフトバンクから↓

https://my.softbank.jp/msb/d/auth/login?mid=100

 

「世界対応ケータイ」に申し込んでいない方はこちらから↓

https://mb.softbank.jp/mb/international/roaming/use/terms_of_use/step01/

 

・渡航先が利用可能なエリアかどうかも確認を!

https://mb.softbank.jp/mb/international/roaming/area_price/

 

・機内モードがONになっていたら、電話は使えません!

 

■各国の通話料金の目安

こちらをどうぞ↓

https://mb.softbank.jp/mb/international/roaming/about/price.html

では、本題。

 

■滞在国から、日本に電話をかける

1.滞在国の国際アクセス番号(例えばハワイなら011)

2. 日本の国番号「81」

3. 最初の「0」を省略した、電話番号を入力 ※最初の「0」は地域番号

固定電話でも携帯電話でも同様

「011 81 90××××△△△△」という表示になります。

4. 発信

※国によっては、1の「滞在国の国際アクセス番号」の代わりに「0」を長押しして「+」を表示してから「81」、最初の「0」を略した電話番号を入力するところもあります。

※各国の国際アクセス番号国番号はこちらを↓

http://mb.softbank.jp/mb/support/3G/voice_mail/national_number.html

 

 

■滞在国内の一般固定電話あるいは携帯に電話をかける

1.電話番号をそのまま入力 (アメリカから発信する場合、最初に1をダイヤル)

2.発信

※例えばアメリカ、フィリピンなど、国によって国番号が必要な地域もあります。電話番号でそのまま発信できなければ国番号を入れてから、相手の電話番号の最初の「0」を省いた地域番号(市外局番)を押してみましょう。

 

■滞在国から他国(日本以外)の携帯電話・一般固定電話へ電話をかける

1. 「0」を長押しして「+」を表示

2. 相手の国番号(例:香港なら852)

3. 最初の「0」を省略した、電話番号を入力 ※最初の「0」は地域番号

固定電話でも携帯電話でも同様

「011 81 ××××××△△△△」という表示になります。

4.発信

 

■現地にいる友人同士(日本の携帯所有者)で電話をかける

いつも通り、「090」や「080」から電話をかけるとつながります。

 

■日本からの電話を滞在国で受ける

いつも通り、「090」や「080」から電話をかけてもらうと、自動的につながります。

※電話を受けた場合「着信料」がかかります!

 

■滞在国内の固定電話・海外通信事業者の携帯電話からの電話を受ける

発信者には、次の手順でかけてもらいましょう。

1.国際アクセス番号

2.国番号(日本の場合81)

3.最初の「0」を取った携帯電話番号

4.発信

 

留守番電話サービスセンターにかけて、メッセージを聞く

1.「0」を長押しして「+」を表示。

2.「81」

3.「90」

4.「6651 4170」

5.発信

5. 自分のソフトバンク携帯番号を入力

6. 暗証番号を入力して「#」

7. ガイダンスに従い操作して、留守電を聞く

 

■現地の充電器無料貸し出しサービス

ソフトバンクでは、海外のHIS支店や一部ホテルで充電器無料貸し出しサービスを提供しているそうです(2012年12月現在)。

https://mb.softbank.jp/mb/international/roaming/support/charging_service/#

 

ではソフトバンクユーザーのみなさま、ハバナイストリップ!