ジョン・ネフ/1931年米国オハイオ州生まれ。1964年ウィンザー・ファンドを運用を開始、自動車不況の最中にフォード株を買い集め3年後に4倍、経営危機のシティバンク株を買い始め8年ごしで約5倍、インテル株買い1年間で2倍などの実績を重ね、31年間で56倍の投資成果を上げ、ファンドの規模を約150倍に育て上げた。1995年に引退【イラスト/南後卓矢】

写真拡大

【参考記事】
*安定した利益成長と高い配当&低PERが投資の必須条件だ![ジョン・ネフの巻/第1回]
*成長率の高すぎる銘柄は失望時に急落する![ジョン・ネフ の巻/第2回]

シンプルな投資法こそ成功の最大の鍵になる

 超優良企業が一時的にコケて、株価が大幅下落した時に買う。そして、値を戻した時に売る。ネフが成功した最大のポイントは、このシンプルな投資法に徹したことだ。

 たとえば、かつてIBM、インテル、シティーコープなどが一時的に挫折して投資家から見放された時、ネフは大量投資して成功している。しかし、シンプルさを貫くことは難しい。実際に、ほとんどの投資家は、株が値下がりしている時には「この会社はもうダメになってしまったのではないか」と弱気になり、株価が値上がりしている時には「やはりこの会社は凄そうだ」と強気になる。

 ネフは、超優良銘柄が大きく値下がりした時に買うという“バリュー株投資”の難しさについてこう語っている。

 「バリュー株投資というのは、本当におんぼろで、人気が剥げ、打ちのめされたものを買うことなのです。チャートを見ると、それは酷い状態で、積極的に買おうという人などほとんどいません」(『帝王の投資哲学』)。

その会社が本当に復活するのかの見極め

 では、ネフはなぜシンプルな投資法を貫けるのか。ポイントは、
(1)自分なりの投資尺度を持つ
(2)企業内容を徹底的に調べる
(3)忍耐強さを持つ
の3つだ。

 (1)については、前々回、前回に述べたように、「利益成長率+配当利回り」を妥当PERと考え、株価がその半分程度になった時に買うというのがネフの投資尺度だ。

 この際、利益成長率がどのくらいかを考えるためには、その企業の「事業基盤の強さ」と「将来に向けての取り組み」を見て、3年後、5年後にどの程度の収益を実現しそうなのかを判断することだ。一時的に挫折している会社の株を買う時にはとくに、その会社が本当に大きく復活する力を持っているのかを判断することが必要だ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)