「東急百貨店東横店」改装概要発表 ″渋谷スクランブル″が店内に

写真拡大

 2013年4月にリニューアルオープンを予定している東京・渋谷「東急百貨店東横店」の改装概要が明らかになった。同館はリニューアルに向けて2013年3月31日で東館の営業を終了し、残りの西館・南館は売場を統合。新生「東急百貨店東横店」は「SHIBUYA スクランブルストア」をコンセプトに、アパレルからコスメ、カルチャーまで様々なカテゴリーを融合(スクランブル)した新たな売場を提案する。

東急百貨店東横店内に渋谷スクランブルの画像を拡大

 1934年に創業した「東急百貨店東横店」は東館と西館、南館合わせて約32,000平方メートルの売場面積で営業してきたが、改装後は売場面積約19,000平方メートルに縮小。来春のリニューアル後は「混ざり合うから楽しい・・・渋谷にあるもう一つのスクランブル交差点」をキーワードに、"エモーショナル"なショッピング空間を提供するという。

 現在、地下1階に入る「東横のれん街」は、「東急百貨店東横店」に隣接する「渋谷マークシティ」地下1階に移設。約80店舗の出店が予定されており、既存の食料品フロア「東急フードショー」と連結させることで東急百貨店が最大の強みとする「食」のフラッグシップフロアと位置づける。ストアコンセプトを象徴する1階と2階は、それぞれ「SHIBUYA スクランブル I(仮称)」と「SHIBUYA スクランブル II(仮称)」に改め都会的な女性に向けてトレンドを発信。紳士向けの雑貨・旅行用品フロアを4階に設ける他、6・7階ではこれまでよりも雑貨比率を高めた婦人ファッションフロアを展開する。

■東急百貨店東横店
 所在地:渋谷区渋谷2丁目24番1号
 売場面積:約19,000平方メートル
 階層:地下1階〜地上10階
 営業時間:10時~21時
 http://www.tokyu-dept.co.jp/toyoko/