内柴被告「強く無罪を確信」

ざっくり言うと

  • 内柴正人被告が、酒に酔って寝ていた女性に性的暴行したことへの裁判
  • 弁護側の最終弁論で「女性の供述は信用できない」などと、改めて無罪を主張
  • 内柴被告は最後に「強く無罪を確信した」と述べて、全ての審理を終えた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

ランキング