※イメージ画像:後藤真希『愛言葉(VOICE)』avex trax

写真拡大

※イメージ画像:後藤真希『愛言葉(VOICE)』avex trax

 元モーニング娘。後藤真希(27)の弟で、ソニンと共に「EE JUMP」のユウキとして活動していた後藤祐樹(26)が、今年10月に出所した。すでに芸能界を引退して結婚、3児の父となっていた祐樹が、窃盗および強盗傷害容疑で逮捕されたのは2007年のこと。約10件の銅線窃盗・強盗事件への関与を認め、懲役5年6月の実刑判決を受けて服役していたが、ついに姉たち家族の元へ帰ることができたのである。

 その祐樹を、「週刊文春」(文藝春秋)が直撃している。姉である真希は昨年末から休業状態に入っているが、複数の媒体で本番AV、あるいはヌード・カラミはあるがあくまでイメージビデオという体のソフトAVに出演するという情報が取り沙汰されており、その真偽を問うためだ。祐樹は姉の暮らしぶりについて「遊びに行ったり、家にいたり、普通」と話し、AVデビューやヘアヌードの件は「それはありえない」と否定。復帰予定なども分からないとしている。

「しかし彼女を口説いてもう一度脱がせようとしている有名カメラマンはいる。同誌ではイメージビデオ付きの写真集が有力だとしているが、制作はAVメーカーが手掛けることになりそうだ。夏ごろには、すでにAVを撮影済みで年末に2本同時リリースなんてウワサも駆け巡ったが、結局、彼女は女優志望というより歌手なので“脱ぐ口実”がなく、頓挫した。所属先のエイベックスには上手い“脱がし屋”がおり、現在活動休止中だが歌手のSoweluもPVで乳房を出して俳優と濃厚ベッドシーンを演じたし、沢尻エリカも復帰映画で豪快な濡れ場を見せた。ゴマキも同じ道をたどる可能性は決してゼロではない」(業界関係者)

 水面下で着々とコトは運んでいるようだ。では一方の祐樹は、芸能界復帰という道筋は用意されていないのだろうか?

「最近はツライ過去を赤裸々に語る衝撃的内容の番組が大いに流行していますからね。ヤンチャだったアイドル時代のことや事件に至るまでの転落人生を語れば、タレントとしてまたテレビに出られるかもしれません。しかし彼を引き取って面倒みようという芸能プロがあるかどうか。落ちぶれたから窃盗事件を起こしたというよりも、もともとヤンチャな性格で、『EE JUMP』全盛期時代にマネジャーと口論の末に、AKB48も顔負けの“ガチ逃走”して仕事をキャンセル、謹慎という前科もありますからね。しかも謹慎明けわずか1カ月で、キャバクラ豪遊をスクープされて撃沈。未成年だったのに飲酒と女遊びですからイメージ最悪ですよ。これがトドメとなって芸能界を引退しました。破天荒人生を送る芸能人は多く、芸能プロスタッフも慣れてはいるものの、仕事だけはドタキャンなしでキチッとこなしてくれないと、危なっかしくて使いようがないですね」(芸能プロ幹部)

 姉だけでなく祐樹にもアダルト業界からのラブコールは届いており、“AV男優”オファーがあったようだが、結局それも立ち消えになったという。姉弟ともども、前途は多難のようだ。