JR水沢江刺駅前の洪水標識(左)と後藤新平像(右)。

写真拡大

■カスリンとアイオン

伊澤久也さんにインタビューしたのは、岩手県奥州市水沢区のファミリーレストラン。奥州市は2006(平成18)年2月に、水沢市、江刺市、前沢町、胆沢(いさわ)町、衣川村の5市町村が合併して発足した。当時の人口は約13万3000人(現在は約12万4000人)。盛岡、一関に次ぐ岩手県第三の都市だ。人口は市を南北に貫く北上川沿いの平野に集中している。北上川は、平安時代から昭和に至るまで、何度も洪水を起こしている。その洪水は「白鬚水(しらひげみず)」と呼ばれてきた。

《またその昔、白髪、白髭の老人が暴風雨のひと息ついた朝もやの北上川岸辺に杖をついて現れ、おびえる村人に「大水が出るから早く逃げよ」と大声で告げた。この老人のことばを信じて逃げた村人は助かり、信じなかった村人は洪水に呑み込まれてしまった》(高崎哲郎『修羅の涙は土に降る—カスリン・アイオン台風/北上川流域・宮古 大洪水の秋(とき)』自湧社、1998年、p.10)

東北新幹線の水沢江刺駅(奥州市水沢区)の駅前ロータリーに、高さ2メートル弱の水色の標識が建っている。大人の胸ほどの高さに「カスリン台風洪水位」「アイオン台風洪水位」とプレートがある。終戦直後の1947(昭和22)年9月15日、カスリン台風は関東・東北の太平洋岸に沿って北上、豪雨を降らせた。北上川は各所で決壊し、奥州市の南隣、一関の市街地はほぼ完全に水没した。全国で約2000人の死者を出したこの台風は、東北だけでなく関東の利根川も決壊させ、東京の下町を水没させている。

《カスリン台風は「首都水没」という大水害を強(し)いたため、GHQの指令を受けた政府の救助や復旧活動は関東地方に集中しがちだった。東北地方ではこの夏から三度目の大水害だったにもかかわらず、政府とGHQの緊急支援や復旧活動は関東地方に傾き、北上川流域をはじめ東北地方への対応は遅れがちだった。(天皇と首相が直接被災地を視察したのは関東地方だけである)/この行政の対応の遅れが次年秋に再び大水害をもたらす引き金にもなったといえるのである》(前掲書、p.84)

カスリン(Kathleen)台風は、今で言えば「昭和22年台風11号」だが、当時は連合軍気象隊が、合州国軍の慣例に従って英語女性名をアルファベット順に付けていた。翌年9番目の台風がアイオン(Ione)と名づけられたのも同じ理由だ。アイオン台風は9月16日にカスリンとほぼ同じコースを辿り、復旧途上の北上川流域は再び洪水と山津波に襲われる。アイオン台風は北上高地の早池峰山で大規模土石流を発生させ(その跡は今も「アイオン沢」と呼ばれている)、三陸の宮古市街地も壊滅させた。

高度成長期に、北上川水系には多くのダムがつくられ、終戦直後のような大洪水はしばらく起きてはいない。

洪水標識を見下ろすように、水沢江刺駅前には、水沢出身の政治家・後藤新平の銅像も建っている。関東大震災(1923[大正12]年9月1日)の復興を、帝都復興院総裁として率いた男だ。平成の復興庁は震災発生から336日も経ってから設置されているが、大正時代の復興院設置は被災から26日後。後藤の迅速な判断によるものだ。後藤は政治家に転じる前は、内務省衛生局長や台湾総督府民生局長など、官僚として活躍した。その後藤新平の故郷で、今、国家公務員を目指している高校生がいる。

■兄や父を超えたい

及川秋平(おいかわ・しゅうへい)さんは、岩手県立岩谷堂高等学校総合学科2年生。及川さんは将来何屋になりたいですか。

「国家公務員です。(「TOMODACHIサマー2012 ソフトバンク・リーダーシップ・プログラム」で)アメリカに行った際に、サンフランシスコ日本国総領事館の方とお会いする機会がありまして。外務省だけでなく、総務省や経産省から来ていらっしゃる方にもお会いして憧れを持ちました」

それまでは国家公務員という仕事は、頭の中になかった?

「わたしの父が岩手県庁で働いてまして、それを見てきたので、それまでは県の公務員になりたいなという漠然とした思いだけがありまして。父は教育委員会で仕事をしています。わたしは生徒会長をやっているんですが、生徒会担当の先生から降りてきたことを父に言ってみたら、『それは実は県から降りてる内容なんだよ』と言われたことがありまして」

勤め人の父親の仕事が、自分の生活と関わっていることを実感する機会を持つ高校生は少ないだろう。及川さんは例外的に、その「近しさ」を体験しているということだ。及川さん、総領事館の人のどこに憧れましたか。

「『何か成し遂げたいときは、努力と、譲れないもの、興味が大事だ』といったお話を伺いまして、やっぱりその通りだなと考えまして、では、自分の興味を達成できるものは何かと考えたときに、外務官になって、海外とのつながりを持つことではないかと」

海外とのつながりが及川さんの中で大事なキーワードなのであれば、商社マンでもいいのでは?

「そうですね、それでもいいんですが、やっぱり『国』っていうキーワードですか。父は県で働いていましたし、兄は一般の会社に勤めているんですが、兄や父を超えたいという気持ちがありまして。超えるためにはどうしたらいいかと考えて、やっぱり国という言葉を感じて働きたいと。わたしが物心ついたときは、父は花巻市の総合教育センターに勤めていました。その前は、農業と生物の先生でした。父は岩手大の農学部卒です」

ということは、及川さんの家には本があるわけですか。

「本は、多くあります。でもその多くは、わたしの祖父の本です。祖父はもう退職しましたけれど、農協に勤めていました。実家が農家です。それもあって父は農学部に進んだのかなと思います。兄は23歳で、弘前大学を出て、今、江刺の東京エレクトロンの研究者です」

半導体製造装置メーカーの東京エレクトロンは、東北に拠点が多い。子会社の東京エレクトロン東北は1985(昭和60)年に奥州市江刺区に本社工場を開設。本社も仙台市泉区に仙台事業所を持つ。同社は宮城県民会館のネーミングライツも取得しており「東京エレクトロンホール宮城」という不思議な名称が誕生している。これは余談である。

及川さん、初任給っていくらぐらい要りますか。

「全然わかりません。16万円くらいですか? でも、東京に住むとなると、それだと足りないかも知れませんね。田舎の価値観で言ったら駄目ですね。ただ、兄の初任給が24万なので……」

取材後に人事院の「行政職俸給表」を調べてみると、2013(平成25)年度の国家公務員大卒総合職初任給は18万1200円だった。兄に勝ちたいという及川原則的には、兄の初任給を超えなくてはいけないのでしょうか。

「及川原則では、最初超えなくても、トータルで超えれば」

国家公務員試験は2012(平成24)年度からI種、II種、III種が廃止され、総合職(旧I種)と一般職(旧II種およびIII種)に再編されている。人事院が認めれば必ずしも必要ないのだが、通常は大卒資格が必要だ。

「最低限旧帝国大学は出なければいけないラインだと思います。その中で一番近いのが東北大学なので。総領事館の方とお話をしている中で『東北大学卒業の人もここに来ているよ』という話も伺いました」

今回の取材で初めて旧帝大という単語が出ました。ただ旧帝大も7つある(注:東京、京都、東北、九州、北海道、大阪、名古屋。さらに戦前は京城と台北があった)から、東北大学である必要はないですよね。

「そうですね。でも、やっぱり家に近い方が。西の方に行くと、おそらく盆正月に帰って来れないと思うんです。盆と正月は親戚がうちに一堂に会するので、そこには参加したいと」

若いんだから盆と正月帰って来なくてもいいという発想はない?

「ないです。なので、東北大学の経済学部を」

この段階で人生を狭めているとは感じませんか。

「思います」

あっ、思っているんですね。つまり何を訊きたいかというと、受験で東北大に落ちたらどうするのですか、ということです。

「そうですね。今は、山場だと思います」

及川さんはここまですべて真顔で語っている。ふざけた物言いは微塵もない。だが、話しているこちらを楽しい気持ちにさせる良き軽妙さを持っている。これは抽象的な問いを投げても答えてくれるだろうと判断し、こう訊いてみた。及川さん、国家公務員になるために、資格以外に必要なものは何ですか。

(明日に続く)

(文=オンライン編集部・石井伸介 )