長野県・信州善光寺が東京都・両国回向院に戦後初の出開帳を実施

写真拡大

長野県・信州善光寺と東京都・両国回向院は、東日本大震災の被災地復興支援を目的に、両国回向院にて「出開帳」の開催を決定した。

期間は2013年4月27日から5月19日まで。

東日本大震災の被災者に、如来さまとの結縁により復興の光を届けたいとの思いを込めた「復幸支縁」として、戦後初の開催となる。

出開帳は、普段、拝することのできない寺院の本尊などを地方に出張し、一定期間拝むことができるように祭ることを指す。

今回の出開帳では、善光寺の一光三尊(いっこうさんぞん)阿弥陀如来像(出開帳仏)、釈迦涅槃(ねはん)像などを開帳する予定。

期間中は法要を行うだけでなく、「お戒壇(かいだん)めぐり」や、歌舞伎や音楽界などの関連行事の開催も予定している。

なお、収益は、震災被災地の復興に充てるとのこと。

詳細は、両国回向院公式ホームページにて。

(C)墨田区