内柴被告「嘘ついていない」

ざっくり言うと

  • 教え子への準強姦罪に問われた内柴正人被告の第8回公判が27日、開かれた
  • 弁護側は最終弁論で「準強姦は女子部員の捏造」と改めて無罪を主張し、結審
  • 内柴被告は最終意見陳述で「何度も恥ずかしい話をしたが、嘘はついていない」と強調

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング