受験合格を祈願する使徒の姿! 東京スカイツリーに”ニコニコヱヴァ神社”建立

写真拡大

劇場アニメーション映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』と「ニコニコ生放送」のコラボレーションにより実現した「ニコニコヱヴァ神社」が26日、東京スカイツリータウンに建立された。

「ニコニコヱヴァ神社」とはその名の通り、劇場公開後1カ月で興収45億円を突破した『ヱヴァンゲリオン新劇場版:Q』をモチーフとした神社。

神社の祠は「ニコニコ生放送」の生放送機能と連動しており、参拝者の様子をリアルタイムで配信、それに対するコメントが神社内のモニターにも映し出される仕組みとなっている。

神社の御神体は全高約2メートルのヱヴァンゲリオン初号機。

この初号機は11月23日から全国の劇場を巡回しており、日本中のファンの願いや祈りを寄せ書きとして集めて26日、東京スカイツリータウンに到着。

神社の参拝は12月26日(水)〜30日(日)の4日間となっており、期間中は11:00〜21:00まで参拝者の様子がニコニコ生放送でライブ配信されるほか、毎日先着200名に『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』&東京スカイツリータウンコラボピンバッチ、先着500名に映画主題歌の宇多田ヒカル「桜流し」特製ステッカーがプレゼントされる。

「ニコニコヱヴァ神社」がオープンした26日には、寒波の中多くの参拝客が訪れた。

プラグスーツ姿の男衆が御神体のエヴァ初号機を運び込み、いよいよ神社はオープンへ。

訪れた参拝客は、参拝中は神社に押し入ってきた「使徒」という設定になる。

参拝客はカメラに向かって新年に向けての目標や野望を叫び、生放送を見ているユーザーはコメントでアドバイス。

参拝客はアドバイスが気に入ったら、使徒の「コア」のボールを賽銭箱に投げ込んでいくという趣向となっている。

最初に参拝したのは男子中学生で、「来年受験に合格して、リア充になりたいと叫んだらコメントで叩かれまくりました(笑)。

自分が使徒だと言われてびっくりしましたけど、貴重な体験ができてよかったです」と満足した様子だった。

(C)カラー(C)TOKYO-SKYTREETOWN