目の健康支援も! 福利厚生が充実のGMO、PCメガネを導入へ

写真拡大

転職を考えるとき、給与や仕事内容も重要だが、給与以外の手当やサポートである福利厚生の内容も気になるところ。

ひと昔前では企業の福利厚生といえば、社宅や慰安旅行などが一般的だったが、最近では、ユニークな福利厚生制度を導入している企業も増えている。

福利厚生制度で有名な会社が、インターネットメディア事業などを手掛ける、GMOインターネット。

世界一を目指す社員食堂として、2011年6月にオープンした24時間飲食無料の社員食堂や託児所、プロのマッサージ師によるボディケアサービスや仮眠用の昼寝スペースなど、ユニークな制度を持つことで知られる。

また来年1月からは、新たな福利厚生制度として、社員の眼を守ることを目的に、今年話題となったPC作業用メガネ「JINS PC」導入支援を開始する。

数々のユニークな福利厚生制度について、同社に話を聞いた。

「お客様にNo.1のサービスを提供するには、スタッフが満足して働ける環境が重要だと考えています」と、取締役 グループ人事・グループ総務担当 菅谷俊彦氏。

例えば、コミュニケーションスペース「シナジーカフェ GMO Yours」。

カフェやブッフェで提供される食事はもちろん、毎週金曜日に設けられたバータイムのお酒もすべて無料。

海外とのやり取りのあるスタッフや、深夜のカスタマーサポートに携わるスタッフのために、24時間、365日オープンしている。

同スペースは食事だけでなく、グループの垣根をこえたコミュニケーションを楽しめることもポイント。

人が集まることにより、新たなサービスが生まれる可能性があるという。

また、最新のスマートフォンやタブレットの実機も展示されており、エンジニアが常に新しいものに触れることができる環境を整えている。

さらに、生後57日目以降から受け入れ可能な託児所「キッズルーム GMO Bears」や、リラクゼーションスペース「マッサージ&おひるね GMO Bali Relax」、「おひるねスペース GMO Siesta」も併設。

これらの施設は就業時間中にも利用可能だ。

こういった福利厚生制度はどのように導入されるのか。

そのあたりの内部事情を菅谷氏に聞いてみた。

「私どもはこれまで、椅子を自由に選べる”椅子ろうぜ!”、自社サーバーを無料で利用できる”サバろうぜ!”、セミナー参加を支援する”セミろうぜ!”、書籍や最新ガジェットの購入費用を補助する”学ぼうぜ!”といったエンジニア支援制度を導入して参りました。

これらの制度は、スタッフからの要望をもとに導入しております。

当社では、社内のイントラネットから変更してほしいルールや実現してほしい福利厚生などを投書することが可能です。

これらすべてを会長が見て、進捗状況をイントラネットで公開しております。

また、イントラネット以外からも、コミュニケーションスペースに、各施設への要望や意見を投書できる”くまのみみ”というボックスを設置しました。

最高のサービスを提供するためには、スタッフの満足度も重要です。

そのため、スタッフの声には常に耳を傾けています」(菅谷氏)「おかげさまで、求人倍率は3倍にもなりました。

スタッフが満足できる環境を整えれば、優秀な人材が集まると考えております。

こうすることにより、No.1のサービスを提供することが可能になるはずです」(菅谷氏)さらに、同社では、2013年1月から「JINS PC」の購入支援制度も導入される。

購入金額の半分を会社が負担。

目を酷使するエンジニアやクリエイターが多い同社ならではの取り組みだ。

「私自身、JINS PCを使用しており、その効果は実感しております。

しかし、導入に先立ち、現場で導入テストを行いました。