献血とのコラボで「なのは戦争」がまたしても…? (劇場版「なのは」公式ページより)

写真拡大

恒例企画となっている「コミケ」と献血のコラボキャンペーンに、アニメ「魔法少女リリカルなのは」が初登場することとなり、ファンたちを燃え上がらせている。

「心血を注いで来たが、ホントに血まで捧げる時が…」

「なのは」は2004年に第1作が放映されたテレビアニメで、10・12年には劇場版も公開された。特にコミックマーケット(コミケ)では、会場で販売される限定グッズをめぐり毎回激しい争奪戦が繰り広げられることが有名で、「なのは完売」のフレーズが一種のネタとして定着しているほどだ。

今回のコラボレーションでは、2012年12月29〜31日の冬コミ開催期間中、コミケ会場の東京ビッグサイトで献血(400ml)に協力した人にポスターがプレゼントされる。

熱い「忠誠心」を誇るファンたちからは、

「ほう……今まで心血を注いで来たが、ホントに血まで捧げる時が来たか……」
「抜きまくってくる」
「大量の血液を献上してくるか」

といった宣言が相次ぎ、中には「今から献血の列に並んでくるわ」という気の早い人も。公式グッズ同様、こちらもかなり競争率が高くなりそうだ。

なおキャンペーンはコミケ会場のほか、東京・千葉の各献血センターでも12月29日から(年明けは1月2日から)実施予定だ。詳細は両都県の赤十字血液センターに掲載される。