ブラピ出演 エドウィン503のCMが5年ぶりに復活

写真拡大

 エドウインの定番ジーンズ「EDWIN 503」のリニューアルを機に、ブラッド ピットをモデルに起用したテレビCMが5年振りに復活する。放映は、31日午前1時57分から放送のTBS「年末シネマシアター『スナッチ』」内が予定されている。

エドウィン503にブラピ復活の画像を拡大

 ブラッド ピットは、「EDWIN 503」が発売された1997年に"世界一ジーンズの似合う男"として同商品のイメージモデルに就任。ギターを弾きながら商品名を口ずさむCMが話題となり、「EDWIN 503」の知名度をアップさせた。広告契約は長期で継続されていたが、CMは2007年にシカゴで撮影されたものが最後で、今回は「503といえばブラッド ピットというイメージが定着しているので、15年ぶりのフルモデルチェンジをきっかけに新たな広告を打ち出した」(エドウイン広報・担当者)という。紙面広告は一足早く、24日付けの朝刊から展開されている。

 新CMは今年7月にロンドンで撮影され、ディレクションはビートルズ結成前のジョン・レノンを題材にした長編映画「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」で監督を務めたサム・テイラー・ウッドが担当。木造3階建てのアトリエを舞台にブラッド ピットが激しく踊る作品には、「不安や悲しみを吹き飛ばそう、元気を出そうという日本に向けたメッセージが込めれている」という。