子どもをきっかけに購入、3位はクルマ、2位はデジタルビデオ、1位は?

写真拡大

博報堂こそだて家族研究所は、2012年9月〜10月の子育て世帯の消費についてまとめた調査レポート「子そだて世帯の消費と意識」を発表した。

同調査は9月23〜28日と10月12日〜15日にかけて、全国の20〜40歳代で0〜9歳の子どもを持つ既婚女性を対象に実施。

1,223名から有効回答を得た。

まず、子どもを持つことをきっかけに購入したモノやサービスについて尋ねたところ、1位は「学資保険(46.7%)」、2位は「デジタルビデオカメラ(42.7%)」、3位は「自動車(36.8%)」だった。

「空気清浄機」や「加湿器」についても2割以上の世帯が購入(または買い替え)、「家具」「掃除機」や「洗濯機」は1割以上の世帯が購入(または買い替え)している。

子育て世帯が購入している商品やサービスについて、その購入率は「生命保険(82%)」「学資保険(64.2%)」「子どもの習い事(61.8%)」だった。

実際にそれぞれの項目に関して1カ月に使っている金額は、「生命保険」1万6,661円、「学資保険」1万3,114円、「子供の習い事」1万306 円と言う結果となった。

今後お金をかけたいものについて聞くと、1位は「旅行(51.7%)」、2位「貯蓄(51.3%)」、3位「子供の教育(41.0%)」。

実際にお金をかけているものは、1位「食品(59.5%)」、2位「旅行(44.5%)」、3位「外食(33.9%)」となった。

お金をかけたいけど実際にはかけられていないものは、貯蓄、子どもの教育、自分のファッションという結果になっている。

子供を持つことをきっかけに、選ぶ基準が変わったモノやサービスについて聞くと、1位は「普段遊びに行く場所(39.6%)」、2位「食品(39.5%)」、3位「自分のファッション(30.5%)」となった。

3割以上のママが、「子供がきっかけで自分のファッションを選ぶ基準が変わった」と回答するなど、子供を持つことで自分のもの選びの基準が変わる人が多いようだ。