自分のコピーからゴキブリ退治まで求ム。こんなお助けロボが欲しい!




掃除ロボや開発中の洗髪ロボなど、夢の未来が次々と実現化されていくなかで、皆さんはどんなロボットが欲しいですか。マイナビニュース会員の皆さんにアンケートで聞いてみました。



調査期間:2012/10/10〜2012/10/14

アンケート対象:マイナビニュース会員

有効回答数 1,000件(ウェブログイン式)



■タンスの上まで掃除する「進化系ロボ」に期待



第1位は、「掃除してくれるロボットはぜひ欲しい」(24歳/女性ほか)と、「掃除、片づけ」のロボットを挙げた人が241人(24.1%)。



なかには、「ルンバ」(33歳/男性)と商品名を伝える人もいましたが、「部屋の隅々まで(タンスの上とかも含めて)掃除してほしい。もちろん、いろいろなものをどかしながら」(26歳/女性)など、掃除ロボのさらなる進化を求める声もありました。



第2位は、「料理」にまつわるロボットで141人(14.1%)。

「食べたいものを調理してくれるロボット」(37歳/女性)や「冷蔵庫の食材で何でも料理を作ってくれるロボ」(32歳/女性)、食事後の片づけも「洗い物を全部して、次に使えるようにしてほしい」(24歳/男性)など、料理の前後もお願いしたい様子です。



家事に関連しては「洗濯」の悩みも多く、「洗濯物をたたんでしまってくれる」(39歳/女性)など、60人(6.0%)から回答がありました。



また、「何でもしてくれるメイドロボ」(28歳/男性)など、家事全般にお助けを求める声も少なくありません。



そんななか、第3位にランクインしたのは、「ロボはいらない」(63歳/男性ほか)で134人(13.4%)が回答しました。

「人間としてダメになるのであまり求めない」(30歳/男性)など、考えさせられます。



■入浴補助に散髪も。身だしなみロボ



第4位は、「身だしなみと美容」が76人(7.6%)から集まりました。

「入浴ロボット。自動で体を洗ってくれて、その間にごはんまで作ってくれるとうれしい。くたくたになって帰ると、シャワーも食事もおっくうなときがあるので」(24歳/女性)



散髪・美容院のロボ化を求める声も。

「散髪を手伝ってほしいと思うときがあります。一人でやりたいのですが、どうしても手が届かないところがあり、普段は嫁に手伝ってもらっているので」(36歳/男性)

届かないほうが、夫婦コミュニケーションになるのでは……と言うのは、余計なお世話ですが、忙しいときには散髪もさっと自分ですませたいかも。



■変わりに出勤ロボからハグロボまで多種多彩



仕事や勉強を直接的に助けてくれるロボットを求める声もありました。



「自分の言葉をそのまま文字として書いてくれる、パソコンに打ち込んでくれるロボット。レポート作成に役立つ」(22歳/女性)

「木の根っこを掘るロボットが欲しい。人力だと重労働だし、重機を使うのも大げさなのでパワースーツみたいなロボ」(29歳/男性)

「仕事のアシスタントロボ! 人間関係に気を遣わなくてすむので」(35歳/男性)

と、人間関係のお悩み解消希望まで登場。



そして、ついには、

「代わりに仕事をしてくれるロボ」(25歳/男性)

「代わりに仕事に行ってほしい」(39歳/男性)

「金を稼いでくれるロボ」(32歳/男性)

という声も。



さらには、「コピーロボット」(38歳/男性)と4人が答えていますが、「自分がいない間にやってくれることであれば何でもいい」(27歳/男性)など、もう一人の自分をつくるという意見、また、「ドラえもん」(20歳/女性ほか)と答えた人も21人(2.1%)いました。



一方で、「ひとりごとのお相手ロボとか欲しいですね」(29歳/男性)、「ハグ」(30歳/女性ほか)なんて、ぬくもりを求める声もちらほら。

「朝優しく起こしてくれるロボ」(23歳/男性)に始まり、留守番、マッサージ、布団干し、ゴキブリ退治など、ロボットに求められる役割は実に多彩です。



こうして見ると、皆さんのご希望の家事ロボットや交流ロボットが目の前に現れる日はそう遠くないように感じるこのごろです。



(雷田光×ユンブル)