マツダ、「アクセラスポーツ」に特別仕様車「スポーツエディション」を設定

写真拡大

マツダは26日、5ドアハッチバック「アクセラスポーツ」に、スポーティなエクステリアを強調した特別仕様車「スポーツエディション」を設定して発売した。

同特別仕様車は、アクセラスポーツの「20S-SKYACTIV」と「15S」をベースに、大型リアルーフスポイラー、シャークフィンアンテナ、ワンタッチ電動格納リモコン式カラードドアミラー(ブラック)といった、「スピードアクセラ」や欧州仕様車(MAZDA3)に採用されているアイテムを装備。

ボディーカラーは、特別仕様車専用の新色「ジールレッドマイカ」を含めた全5色を設定している。

上記のアイテムに加えて、20S-SKYACTIVベース車には、アダプティブ・フロントライティング・システム(AFS)、205/50R17 89W タイヤ&17インチアルミホイール(ガンメタリック塗装)、スポーツシート(赤ステッチ付)、ディスチャージヘッドランプ(ブルーリング付)も装備されている。

価格は220万円。

また、15Sベース車には、LEDドアミラーウインカー、205/55R16 91V タイヤ&16インチアルミホイール(ガンメタリック塗装)、センターコンソール(クリアブラック)、シフトゲート(ピアノブラック)、マルチインフォメーションディスプレイ(MID)4.1インチカラー液晶、ディスチャージヘッドランプを装備。

価格は179万円。