海外恋愛事情 (6) 外国では離婚は一般的?

写真拡大

離婚が珍しくなくなった日本。

近頃では、ケジメをつけるために結婚式ならぬ離婚式まで行う人もいるとか。

一方、外国ではどうなのでしょう。

外国人20人に離婚とその理由について聞いてみました。

・パリでは2組に1組は離婚すると聞きます。

理由は価値観の違い、浮気、気持ちの変化など (フランス/女性/20代後半)・一般的です。

半分のカップルが離婚します。

もう愛してないとか、ほかの人を好きになったとか (スペイン/男性/30代前半)日本では毎年25万組程度が離婚しているといわれています。

オシャレなパリジャンとパリジェンヌのカップルでも、結婚してうまくいくのは約半分……。

・離婚は一般的です。

理由は、性格の不一致や奥さんの料理が下手など (モロッコ/男性/40代後半)・(妻が)夫の言うことを聞かないという理由が多いです (エジプト/男性/40代後半)料理の腕は重要なのですね。

日本でも「男は胃袋でつかめ」などと言いますよね。

・離婚は一般的です。

よく耳にする理由は金銭問題ですね (ブラジル/女性/50代前半)浮気や気持ちのズレといった感情以外に切実なのがお金の問題。

金遣いが荒い、ルーズ、借金を作るなども困りますし、異常にケチなど金銭感覚の違いもストレスになりそうです。

・離婚率は非常に少ないです。

離婚理由は、一緒に生きて行けないと感じたときや金銭トラブル、相手が信用できなくなったときです(ネパール/男性/40代前半)離婚は一般的で多いという回答が大多数。

共通の理由は、浮気や性格の不一致などでした。

離婚はもちろんいいことではないですが、自分たちの判断で恋愛や結婚をして、何のしがらみもなく自分たちの考えで自由に離婚もできるというのは、ある意味幸せなことかもしれませんね。

(文・アリウープ おーた)