頭痛を和らげるツボ2つ - その悩みをツボで解決!

写真拡大

整体師の大山奏です。

デスクワークで毎日長い時間PCの前に座りっきり……という人の中には、片頭痛持ちの人も珍しくないのではないでしょうか。

頭痛には片頭痛、後頭神経痛、緊張型と種類があります。

頭が痛いと仕事にも集中できずに精神的にもイライラしてしまいますよね。

今回は頭痛に効くツボを紹介します。

首のやや外側、髪の生え際のくぼみにある「風池(ふうち)」というツボは、肩や首のコリからくる頭痛に効果があります。

左右両方にツボがあります。

親指をツボに当てながら、他の4指で頭を抱えるようにして押すと力が入りやすいです。

みなさんも一度は押したことがあるはずの“こめかみ”は、「太陽(たいよう)」と言う名のツボで、片頭痛や眼精(がんせい)疲労による頭痛に効果的です。

中指か人さし指でツボを刺激します。

気持ちいいと感じる強さで30秒ほど押したりマッサージするのがいいでしょう。

※首や頭のツボは、刺激しすぎるとかえって頭痛をひどくしてしまう場合もあります。

過剰なツボ刺激は控えましょうツボの「風池(ふうち)」は、頭痛の予防にも効果があります。

デスクワークが多い人は、首や肩まわりのコリを感じたら、頭痛がしなくても刺激してみるといいかもしれません。

片頭痛でどちらか片方が痛い場合は、痛みのある方のツボだけを刺激してもいいですよ。

頭痛は精神的なストレスでも引き起こされます。

痛みがあったら自分の身体はもちろん、心とも相談してみてください。

ストレス社会に負けないように、心にも余裕をもてると頭痛も減るかもしれませんよ。